ジャンルとしての工学英語 - 理論と実践

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,750
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

ジャンルとしての工学英語 - 理論と実践

  • ISBN:9784866921419

ファイル: /

内容説明

工学はじめ,理系分野では英語の重要性がますます高まっている。工学英語の言語特性は? 工学英語を使いこなすには?一線の言語学者・言語教育学者が「ジャンルとしての工学英語」を多角的に考察する。

目次

第1部 工学英語論文要旨の言語学的分析
第1章 工学系修士論文英文要旨の言語特徴‐国際誌との比較‐
第2章 工学系英語論文要旨のMove 分析‐工学5 分野の国際誌要旨の談話的特徴‐
第3章 工学系英語論文要旨に見る時制の使用
第2部 工学英語の言語学的分析
第4章 To Reach a Wider Audience : Using a News Format to Describe
Research
第5章 多次元分析法(MD 法)による学術論文の言語特性分析‐コンピュー
タ工学系論文とコンピュータ援用言語学習系論文の比較‐
第6章 日本語工学テキストのコロケーションの英語化‐コーパスベースでの検証‐
第3部 工学英語の指導実践
第7章 理工系大学院生・学部生向けの英語リーディング授業の実践報告
第8章 メタ認知的アプローチによる自律型リスニングタスクを実践する‐教師のリフレクションを通して‐
第9章 理工系研究者向け英語論文の書き方‐日本人英語の特徴と改善策‐