IEC 61850を適用した電力ネットワーク - スマートグリッドを支える変電所自動化システム

個数:1
紙書籍版価格
¥3,190
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

IEC 61850を適用した電力ネットワーク - スマートグリッドを支える変電所自動化システム

  • 著者名:天雨徹【編著】/田中立二/大谷哲夫
  • 価格 ¥3,190(本体¥2,900)
  • コロナ社(2021/06発売)
  • 梅雨空を吹き飛ばす!Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン (~6/16)
  • ポイント 725pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784339009323

ファイル: /

内容説明

変電所自動化システムのための通信規格IEC 61850を理解するためその全容を網羅。必要項目と具体例を体系的にまとめた解説書。学生から専門技術者まで、変電所自動化システムをはじめスマートグリッドに携わる方必携の一冊。

目次

1.序章
1.1 概要
1.2 電力ネットワークと変電所保護制御システムに関する環境変化と課題
 1.2.1 電力ネットワークを取り巻く環境の変化
 1.2.2 変電所保護制御システムの現状
 1.2.3 変電所保護制御システムにおける課題
1.3 本書の目的と内容
引用・参考文献

2.変電所保護制御システム標準 IEC 61850 ①―概要と論理ノード
2.1 概要
2.2 標準体系
2.3 IEC 61850に基づいたシステム開発手順
2.4 論理ノードの構成
 2.4.1 論理ノード(LN:logicalnode)
 2.4.2 共通データクラス(CDC:common data class)
 2.4.3 共通データクラスのデータ属性
引用・参考文献

3.変電所保護制御システム標準 IEC 61850 ② ―通信サービスとセキュリティ
3.1 通信サービス IEC 61850-7-2
 3.1.1 GenServerクラス
 3.1.2 Associationモデル
 3.1.3 GetDataValues/SetDataValues ―データ読出/書込
 3.1.4 Report ―計測,イベント伝送
 3.1.5 Log ―記録・検索
 3.1.6 Control ―直接制御・選択制御
 3.1.7 Setting ―設定・整定
 3.1.8 Filetransfer ―ファイル転送
 3.1.9 GOOSE ―高速高信頼イベント伝送
 3.1.10 Sampled Value ―瞬時値伝送
 3.1.11 時刻同期
3.2 変電所構内および広域通信ネットワーク
 3.2.1 プロセスバスの適用 IEC 61850-90-4
 3.2.2 通信の冗長化構成(RSTP,PRP,HSR) IEC 61850-90-4
 3.2.3 変電所間通信(送電線電流差動保護など) IEC 61850-90-1
 3.2.4 給電・制御所-変電所間通信(テレコン) IEC 61850-90-2
 3.2.5 シンクロフェーザ(系統観測,安定化システム) IEC 61850-90-5,IEC 62361-102
3.3 セキュリティ IEC 62351
引用・参考文献

4.保護制御ユニット(IED)とエンジニアリングツール
4.1 ハードウェア
 4.1.1 CPUとメモリ
 4.1.2 電源
 4.1.3 通信インタフェース
 4.1.4 入出力部
 4.1.5 耐環境性能
4.2 IEDに実装される保護制御機能
4.3 ソフトウェア
 4.3.1 保護制御プログラム
 4.3.2 通信用ミドルウェア
 4.3.3 オペレーティングシステム
4.4 エンジニアリングツール
 4.4.1 システムコンフィグレータ
 4.4.2 IEDコンフィグレータ
引用・参考文献

5.SCADA
5.1 SCADAと関連する装置
 5.1.1 SCADAの構成形態
 5.1.2 SCADAソフトウェアの機能
 5.1.3 SCADAソフトウェアの構成
 5.1.4 OPCについて
5.2 変電所SCADA
 5.2.1 系統監視機能
 5.2.2 機器制御機能
 5.2.3 切替スイッチ制御機能
 5.2.4 計測機能
 5.2.5 状態表示機能
 5.2.6 故障表示機能
引用・参考文献

6.IEC 61850適用保護制御システム構築のケーススタディ
6.1 適用対象の変電所および保護制御機能
 6.1.1 変電所の主回路構成
 6.1.2 保護制御機能
 6.1.3 論理ノードの選定とその役割設定
 6.1.4 IEDの仕様
6.2 システムの設計
6.3 システムのテストとメンテナンス

7.電力ネットワークにおける保護制御システムの今後
7.1 汎用性の確保のためのアプローチ
 7.1.1 BAPを使ったシステム構築
 7.1.2 国内における機能仕様の活用
 7.1.3 論理ノードの実装方法の改良
7.2 広域性
 7.2.1 分散型電源などの監視制御
 7.2.2 配電自動化システム
 7.2.3 風力発電の監視制御
7.3 標準化範囲の拡大
 7.3.1 エンジニアリングツールの標準化
 7.3.2 標準化を充実させるための置換性の可能性
 7.3.3 システム管理
7.4 電力会社,メーカの役割分担
7.5 データ活用
引用・参考文献

付録
 付表1 IEC 61850-7-4論理ノード一覧
 付表2 IEC 61850-7-3共通データクラス
 付表3 IEC 61850-7-420分散電源論理ノード,共通データクラス

索引