まほろばの鳥居をくぐる者は

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

まほろばの鳥居をくぐる者は

  • ISBN:9784047366633

ファイル: /

内容説明

神社の娘、宮子の初めての友達は、『幽霊』だった。
幼い頃から“視える”力を持つ宮子にとって、それはごく自然なことだったのだ。
ある日宮子は、母親を凄惨な事件で亡くし、壊れそうな心と向き合うため修験者の弟子となった少年・寛太と出会う。

「あいつは死んでいる。お前ももう、わかっているんだろう?」

寛太に現実を突きつけられた宮子は、この世に未練を残す魂――友達を【あるべき姿】に戻すことを決意するのだった。
以来、互いに“視える”ことで感覚を共有し、“正しく”心を育てる寛太に惹かれていく宮子。
そんななか、寛太の母親を殺した犯人の判決が下される。
宮子は憎しみと後悔で揺れ動く寛太の救いになりたいと願うが、寛太は「女人に触れない」というさらに厳しい戒を己に課してしまい――!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ままこ ❄️

81
“視える力”を持つ神社の娘・宮子と過去に悲惨な事件に巻き込まれた修験者の弟子の少年・寛太は不思議な体験を共にし感化し合いながら成長する。信条や信仰に対する柔軟な考え方で、押し付けがましくない説法もスッと胸に入ってくる。不穏な最終章はどうなることかとハラハラしたが光射すラストでホッとする。奈良に行きたくなり、神社に参拝したくなった。遠田志帆さん描く表紙は可憐だが芯が強い主人公のイメージにピッタリ。程よい重みがある清々しい良質な現代ファンタジー。2021/08/16

あおでん@やさどく管理人

22
神社が舞台ということもあり、特に前半は仏教用語?に馴染みがないと読みにくい所も若干ある。だが、寛太の内面がクローズアップされてくる後半は引き込まれた。自分の憎しみや後悔とどう折り合いをつけていくか。いつまでも過去に囚われてはいけないし、かと言って過去を忘れるのでもない。苦しみだけでなく幸せだったことも思い出として、一緒に生きていこうと思えるようになればいい。2021/09/30

まめもやし3

4
意外とおもしろかった。神社の娘と修験者の少年。神や仏に関する耳慣れない言葉が少女の口からあたり前のように出てくる。現代の話か?宗教を押しつけがましくない形で語る珍しい本だった。2021/08/03

三谷銀屋

3
神社の娘・宮子は霊視能力があるため霊や他人の心に同調しやすく、またその優しさや行動力故に度々不思議な事件に巻き込まれてしまう。一方、宮子とつかず離れずの関係の寛太は重く悲しい過去と向き合うために修験道の修行をしている。随所に神道、修験道の深い知識に裏付けされているであろう描写を感じる一方、読みやすくて引き込まれる。迷いながらも真っ直ぐに芯を通す宮子の勇気に心を動かされた。大人びている寛太も本当は普通の男の子だったはずなんだよね、と思うと悲しくなるが、未来への希望を感じさせるラストで二人を応援したくなった。2021/09/10

MKT

2
奈良の神社に生まれ、霊能力を持つ少女・宮子の成長物語。宮子が出会う死者たちは「悪霊」と呼ばれる存在までをも含むけれど、彼らに向けられる眼差しはあくまであたたかい。宮子を取り巻く人々も皆それぞれ事情を抱えながらも、最後にはまっすぐ前を向いて生きていく。清々しい気持ちになれる一冊。2021/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17978642

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。