「嵐」に学ぶマーケティングの本質

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,870
  • Kinoppy
  • Reader

「嵐」に学ぶマーケティングの本質

  • 著者名:射場瞬【著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 日経BP(2021/06発売)
  • ポイント 17pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784296109449

ファイル: /

内容説明

「嵐」は時代を先取りした最強のマーケターだった!

共創、インサイト、ストーリーテリング、デジタル& SNS活用・・・
基本理論も最新理論も、嵐が実践していた。

「嵐ブランド」は顧客のために、顧客とともに。
魅力的なブランドをつくり、顧客(ファン)の熱量を長期に維持する。

【本書のポイント】
マーケティングの基本も最新理論も、「嵐」という1つのブランドで学べる!

2020年に活動を休止したグループ「嵐」を事例に用い、これ1冊あれば今必要とされる最新かつ実践的なマーケティングを学べる本になっています。

嵐を題材にした理由は、マーケティングの基本的な概念も、現在進行形で変化している最新理論も、嵐という1つのブランドでわかりやすく学べるからです。

ブランディングとは何か、マーケティングとは何か、SNS活用を含めたデジタル化にどう対処するべきなのか、顧客(ファン)のインサイトを見極め、共創するにはどうすればいいのか、魅力的なストーリーテリングはなぜ必要か・・・・・・。すべての答が、嵐が実践した活動の軌跡から見つかります。

「嵐のマーケティングやブランディングの本質を理解し、読者の皆さんにその学びをシェアしたい。嵐の細部までこだわった実例から、その考え方、姿勢、センスなどを学び、人
の心を動かせるマーケティングが実行できるようになるとうれしい」(本文より)。

目次

第1章 ブランドとブランディングを「嵐」に学ぶ
魅力的なブランドをつくり、顧客の熱量を長期に保つ秘訣

第2章 マーケティングを「嵐」に学ぶ
インサイト、価値交換、ストーリーテリングが成功の要因

第3章 デジタル活用を「嵐」に学ぶ
嵐が実践したオウンドメディアとアーンドメディアの活用

第4章 ブランドの危機に顧客の愛を強める
活動休止までの軌跡から学ぶ、コミュニケーション手法

第5章 最後の一瞬まで「嵐らしく」、ファンのために
ライブ配信に学ぶ、「顧客にとっての最高の体験のつくり方」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

だてこ

9
タイトルに惹かれて。嵐がいかにファンのことを考えてファンのために行動してくれていたかが改めてよく分かった。マーケティングとしては、嵐は実在する人物で本人たちがメッセージを発信できるというのが大きな強みだと思うので、そうではないモノのブランドは、そもそも誰にどう発信してもらうのかがキーになるだろうなと思った。2021/08/01

☆ツイテル☆

3
フライヤー2021/11/13

KOBAYASHI

2
○。嵐とマーケティングのお勉強。2021/09/09

ue3104

2
あのアイドルグループ「嵐」を題材にマーケティングについて書いている。チャラいのかなーと読み始めて、意外としっかりした内容にまずビックリ。そして、筆者の嵐への愛情が半端なく、この人がまんまと嵐のマーケティングに乗っかった第一人者なのだと。 とにかく、自分達が誰を幸せにしなくてはならないのか?幸せにするためにその人のことを徹底的に理解し、目に見えない願望を読み取る。それに対してあらゆる機会や技術を駆使して、できる限りの努力を惜しまない。これに尽きる。2021/08/21

Mike

1
嵐については特にファンでもない。ただ、嵐を元にマーケティングを学ぶというタイトルを見たときに「売れてるものから学ぶべき」という当たり前のことに気付いたので読んでみました。ファンの獲得という部分についてはあまり触れられていないものの、ファンをいかに喜ばせるかという点においてあまりにも良い事例だと感じました。ラストライブ、見ればよかった。2021/08/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18199138

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。