アーススターノベル<br> 死に戻りの魔法学校生活を、元恋人とプロローグから(※ただし好感度はゼロ)1【電子書店共通特典SS付】

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

アーススターノベル
死に戻りの魔法学校生活を、元恋人とプロローグから(※ただし好感度はゼロ)1【電子書店共通特典SS付】

  • ISBN:9784803015317

ファイル: /

内容説明

「会いたかった!」
「申し訳ないが、人違いだろう」

オリアナにとって公爵家嫡男のヴィンセントは優しく一途な、最愛の恋人だった。
幸せな学校生活を送っていたが、十七歳の春に二人とも謎の死を迎えてしまう。
――気がつくとオリアナは七歳の頃に巻き戻っていた。

入学式に念願の再会を果たすが、ヴィンセントには前の人生の記憶がなかった。
しかも、付き合っていたことをほら話だと思われてしまい、第一印象は最悪に……。
それでもオリアナは決意していた。この人生では必ず彼を守り抜くと。

彼が心配でなんとか傍に居続けようとがんばる女の子と、彼女が気になりながらも素直になれない男の子の、生きるか死ぬか二度目の魔法学校生活、スタート!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

38
オリアナにとって最愛の恋人だった公爵家嫡男のヴィンセント。幸せな学校生活を送る十七歳の春に二人とも謎の死を迎え、理由も分からないままオリアナの七歳から二度目の人生が始まる死に戻りファンタジー。入学式に念願の再会を果たすものの、前の人生の記憶がないヴィンセント。彼が心配で何とか傍に居続けようと頑張るオリアナと、そんな彼女が気になりながらも素直になれないヴィンセントの不器用な関係があって、それでも少しずつ好転していく展開があるからこそ、この結末には言葉もないですね…ここからどんな展開が待つのか続巻に期待です。2021/06/23

ぐっち

29
大好きな六つ花えいこさんの新刊!原因不明の恋人の死から7歳に戻ってしまったオリアナ。元恋人(相手には心当たりなし)のヴィンセントに付きまとう今生のオリアナ…。きゅんきゅんするシーンのオンパレードでこっちが死にそうになりました。ヴィンセントはもちろんミゲル愛してるし、アズラクも成就してほしい…。六つ花さんなので納得のしかけが待ってるのではと期待爆上がり中。このラストからの2巻はよ…!2021/06/27

わたー

27
★★★★★またこんなに感情を揺さぶる作品を書いてくるなんて…最高すぎかよ。突如訪れた恋人の死。悲嘆にくれる彼女が目を覚ますと、7歳のころに時が巻き戻っていた。彼の死を回避するために行動を開始する彼女であったが、彼は1周目の記憶を持っていなかったことから始まるラブコメ。たとえ、隣に立つのが自分ではなかろうとも、彼を死なせたりはしないと、孤独な戦いをする彼女に胸を撃たれ、彼女の好意の裏側に1周目の自分ではない自分を見て嫉妬する彼に心が震えた。何て切ない両片想いなんだ。そんな二人が迎えたラストには言葉も出ない。2021/06/21

陸抗

22
恋人のヴィンセントの謎の死を目撃し、自身も死んでしまったオリアナ。何故か七歳の頃に時間が巻き戻り、今度こそ彼を死なせないと奮闘するも、ヴィンセントは記憶が無いので変人扱いされる始末。でも、両片想いなのが分かるともどかしかった。ラストまで読むと、命を狙われてるのが、オリアナなのかヴィンセントなのか分からなくなった。二人が結婚すると、不都合が出るとか?誰も彼もが怪しく思えてきて、誰が犯人なのか…。とりあえずアズラクが去らなければ、未来がガラリと変わると予想してみた。2021/08/17

サキイカスルメ

14
こんがらがりにこんがらがって。最愛の恋人ヴィンセントの死に直面し自分も死んでしまったオリアナが、7歳まで戻って今度こそは!と奮闘するけれど相手は塩対応から始まるお話。おもしろいー!これは、みんな読もう!読んで切なく複雑な気持ちになってほしいー!と取り乱したくなるくらい惹き込まれました。頑張る主人公オリアナは、ひたすらにかわいく愛されてほしい子ですし、ヴィンセントは思春期こじらせてるの素晴らしい。このカップル大好きです。胸がギュッとなる切なさ、砂糖吐くらいの甘さも堪能できました。続きを、続きを待ってます。2021/06/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17977053

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。