創元推理文庫<br> 白銀の巫女 紐結びの魔道師2

個数:1
紙書籍版価格 ¥924
  • Kinoppy
  • Reader

創元推理文庫
白銀の巫女 紐結びの魔道師2

  • 著者名:乾石智子【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 東京創元社(2021/06発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784488525118

ファイル: /

内容説明

悪意に満ちたイスリルの魔道師に呼び覚まされた過去の化物と、もとコンスル帝国軍人率いる侵略軍の両方に追いつめられた紐結びの魔道師リクエンシスたち一行は、トゥーラの暮らすオルン村に難を逃れる。村で冬を越すことになったエンス、星読みのトゥーラ、もと拝月教の巫女エミラーダ、知恵者のリコに、ウィダチスの魔道師エイリャも加わり、トゥーラがさがし求める、1500年前にかけられたオルン魔国の魔女の呪いを解く方法を調べる。だがそこで浮かんだのは、オルン魔国最後の女王の血塗られた真の姿だった。〈紐結びの魔道師〉3部作第2弾。/解説=三辺律子

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Masa

10
読了。面白かったー。一作目の記憶が薄れないうちに二作目も文庫で出してくれたのはとても嬉しい。内容についてはもう何も言うまい。エンスが人間らしくて大好きです。三作目もはやく読みたい!2021/06/19

Chikara Tonaki

8
ああ面白かった。エンスの魅力がタップリ味わえる1冊でした。続きが早く読みたい。2021/06/21

たこのまくら

6
トゥーラとエンスが己の過去に向き合い、エミラーダが未来を見据えた今巻だったが、次巻ではパネーと、大々伯父を起こしたイスリルの魔道師相手に、魔法合戦になるのかな?しかし大々伯父は思っていた以上に非道い奴だった(笑)。 文庫巻末に記載のQRコードからアクセスできる、特別掌編はイスリルの侵攻が始まる数年前のお話。<湖の娘>タンシャン。これまた魅力的な魔女の登場。本編でもいずれ登場するかな?2021/10/27

kurupira

6
エンスの生い立ちも描いていて嬉しい。ぶれない世界観と安定の描写力で安心して没入できました。来月に次巻が出たら話を忘れないうちに読まねば。2021/08/14

かっさん

4
白銀の巫女 #乾石智子 #読了 紐結びの魔道師シリーズの二つ目。 雰囲気はいつも通りで、過去や闇と向き合いながら少しずつ前に進む。 派手さはないけど、その向き合いかたは響くものがある。ファンタジーだけど、示唆的な部分があるのは、相変わらず良くできてる https://t.co/Nn8JOLm58r2021/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17967846

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。