失敗の殿堂―経営における「輝かしい失敗」の研究

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,640
  • Kinoppy
  • Reader

失敗の殿堂―経営における「輝かしい失敗」の研究

  • ISBN:9784492503300

ファイル: /

内容説明

「イノベーションには失敗が不可欠」と言うけれど…… では、どんなふうに失敗するのか?
オランダのビジネススクールの「最高失敗責任者(CFO)」による進化と新しい価値を生み出すための実践理論

一橋大学名誉教授・野中郁次郎氏推薦「本書は、明るい『失敗の本質』であり、知識創造の最良の方法だ」

今の社会は、変化のスピードが速く、ますます複雑になってきている。経済や政治でも大規模な変革が続き、過去の知恵や経験に基づく推論は通用しない。予想もしない出来事が次々と起こってくる。今までのように成功体験ばかりを賞賛し、失敗を隠そうとする風潮は不合理だ。失敗は次の成功につながる学びの宝庫である。恐れることなく、果敢にリスクに挑まなければならない。本書は、イノベーションや持続可能なビジネスモデルを研究してきた筆者が、繰り返し起こる失敗のパターンを早期に認識する方法、本質的な学びを得る方法、不確実性を受け入れる方法など、思わぬ発見や新たな知見を価値創出につなげる手法を解説したものである。企業経営だけでない異分野の事例も多く紹介。日本語版コンテンツとして、監訳者による解説のほか、著者と監訳者が昨今の日本の状況に照らして書き下ろしの章(Chapter 11)を収録する。

目次

解説 「輝かしい失敗」のすすめ(紺野登)
日本の読者の皆さまへ
はじめに
Chapter1 「輝かしい失敗」とは何か
Chapter2 失敗は私たちのDNAである
Chapter3 複雑系が失敗を生み出す
Chapter4 イノベーションと起業家精神のための風土
Chapter5 輝かしい失敗の「16の型」
Chapter6 学習から知識創造へ
Chapter7 失敗する前にシナリオに学べ
Chapter8 安心して失敗できる場をつくる
Chapter9 文化がもたらす失敗への影響
Chapter10 「輝かしい失敗研究所」の活動
Chapter11 実践的知恵としての輝かしい失敗
謝辞
参考文献
著者・監訳者・訳者・寄稿者紹介

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

zoe

21
(2018年)アムステルダム大学内には「輝かしい失敗研究所」があり、イノベーションには付き物の失敗について研究している。エラーを発生させる12の要因(ダーティダズン)、内面を掘り下げるU理論、スタートアップが必要な3つの検証(コンセプト、ビジネス、成功)、「事業計画書は、自分が他の人に決定してもらいたいことを決めさせる、嘘の塊である」、輝かしい失敗の「16の型」とは、見えない象、ブラックスワン、財布を間違う、チョルテカの橋、欠席者のいるテーブル、熊の毛皮、電球の発明、兵隊のいない将軍、捨てられない・・・・2021/07/02

Go Extreme

1
「輝かしい失敗」のすすめ 「輝かしい失敗」とは何か 失敗は私たちのDNAである 複雑性が失敗を生み出す イノベーションと起業家精神のための風土 輝かしい失敗の「16の型」 学習から知識創造へ 失敗する前にシナリオに学べ 安心して失敗できる場をつくる 文化がもたらす失敗への影響  「輝かしい失敗研究所」の活動 実践的知恵としての輝かしい失敗2021/07/29

研究者

0
失敗をポジティブに捉える大切が書かれている。また、失敗から学ぶためのノウハウが参考になった。2021/08/26

natu

0
失敗を恥とせず糧とする文化醸成が必要。浸透するには時間が掛かりそうですが。Chapter5の失敗を16の型にはめて分析していたのが興味深い。 「私たちが何かを変えようと世界に働きかければ(作用)、そこには必ず反作用がある。作用は失敗に見えることもあるし、次に起きる現象への道標ともいえるのだ。」2021/06/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17825348

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。