角川文庫<br> 不在

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
不在

  • 著者名:彩瀬まる【著者】
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • KADOKAWA(2021/04発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041112298

ファイル: /

内容説明

長らく疎遠だった父が、死んだ。
遺言状には「明日香を除く親族は屋敷に立ち入らないこと」という不可解な言葉。
娘の明日香は戸惑いを覚えたが、医師であった父が最期まで守っていた洋館を、兄に代わり受け継ぐことを決める。
25年ぶりに足を踏み入れた生家には、自分の知らない父の痕跡がそこかしこに残っていた。
年下の恋人・冬馬と共に家財道具の処分を始めた明日香だったが、整理が進むにつれ、漫画家の仕事がぎくしゃくし始め、さらに俳優である冬馬との間にもすれ違いが生じるようになる。
次々に現れる奇妙な遺物に翻弄される明日香の目の前に、父と自分の娘と暮らしていたという女・妃美子が現れて……。

「家族」「男女」――安心できるけれど窮屈な、名付けられた関係性の中で、人はどう生きるのか。
家族をうしない、恋人をうしない、依るべきものをなくした世界で、人はどう生きるのか。
いま、最も注目されている作家・彩瀬まるが、愛による呪縛と、愛に囚われない生き方とを探る、野心的長篇小説。

解説:村山由佳

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ベイマックス

94
ふ~ん、正直感想の言葉に困る作品だな。なんだろう…、わざわざ生き方を苦しくしている感じがする。素直になれなくてすれ違うとかのレベルではなく、難しく考え過ぎている。作者も作家という芸術家で、主人公も漫画家で、どこか凡人ではなく狂気でないと存在し得ない職種なのか。2021/10/17

だまだまこ

53
父の死をきっかけに、立派すぎる洋館を相続した漫画家の明日香。劇団員の彼と一緒に片付けを始める中で、自分の思い出と向き合っていく物語。子供の頃に親から「選ばれなかった」という記憶は深く根付いていて、それが変貌して彼への愛の依存や暴力になってしまう過程が悲しく切ない。稼いで彼を養っているという自負がまた、愛されて当然という傲慢さを生み出していることにお金という権力の物悲しさを感じた。「辛いことを生き延びた先」の景色が少しでも明るいものでありますように。2021/05/12

坂城 弥生

45
明日香の恋人への感情が変化していくのが生々しくてちょっと怖かった2021/08/03

よっち

42
長らく疎遠だった父の死。不可解な遺言により娘の明日香が、医師であった父が最期まで守っていた洋館を受け継いだことから始まる物語。同棲中の年下の恋人・冬馬と共に家財道具の処分を始めた明日香。整理が進むにつれ、漫画家の仕事が噛み合わなくなり、さらに俳優である冬馬ともすれ違いが生じ始める中、否が応でも独善的で横暴だった父と似ている自分を突きつけられる皮肉な展開でしたけど、だからといってこれまでの積み重ねをそう簡単に変えられるものでもなくて、そんな明日香がこれから周囲と折り合いをつけていけるのか気になる結末でした。2021/05/27

エドワード

38
斑木アスカの名で漫画を描いている明日香は、独り暮らしで死んだ父の家を相続する。豪華な家具や調度品の詰まった洋館の後始末をする内に表出する、愛憎半ばする家族の関係を描く物語と、漫画という創作を行う明日香と周囲の人々、恋人で演劇を志す冬馬や新人編集者の緑原たちとの真剣な葛藤の物語が並行して読み応えがある。特に<クリエイターが幸せになったら作品がつまらなくなる>という命題が重い。次々と押し寄せる難題に辟易しながらも頑張る明日香を応援するよ。蛇足だが題名がいまいちだなあ。愛はなめくじ、愛は花ってダメかな(笑)。2021/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17721934

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。