アマゾナイトノベルズ<br> 星乙女の天秤(6)

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

アマゾナイトノベルズ
星乙女の天秤(6)

  • 著者名:ゆきづき花/光永司
  • 価格 ¥330(本体¥300)
  • クリーク・アンド・リバー社(2021/04発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 90pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

夫に浮気され、結婚記念日をバーで独りで過ごしていた林原梓。
些細なきっかけで出会った弁護士(見た目は極道風)の桐木に助けられ、夫と無事離婚。会わない期間があったが、事務所メンバーのアシストで晴れて付き合うことに。
ついに同棲を始めた二人……。
****「何が凄いの?」
「あんっ! 恥ずかしい……言えないよぉ……」
「梓の中、温かくてうねって締め付けて、物凄く気持ちいい。教えて、梓は何が気持ちいいの?」
****誰がどうみても愛されて甘やかされている梓。だけど、御曹司で弁護士としても成功している桐木はモテる。
元秘書が弁護士事務所の打ち上げに参加し、その人が元彼女でもあると知った梓は、自分では役にたてていないと落ち込むが。。。

なんだかんだいって、桐木に溺愛され、激甘に毎回とろけさせられる梓…。
溺愛が続く『星乙女の天秤(6)』には、「その後のお話 刑事事件 第三節 記憶」~「番外編 宮村亮輔は何故振られたのか 第二節 社会人三年生」まで収録。