アブラヤシ農園問題の研究Ⅱ【ローカル編】--農園開発と地域社会の構造変化を追う

個数:1
紙書籍版価格 ¥4,180
  • Kinoppy
  • Reader

アブラヤシ農園問題の研究Ⅱ【ローカル編】--農園開発と地域社会の構造変化を追う

  • 著者名:林田秀樹【編著】
  • 価格 ¥4,180(本体¥3,800)
  • 晃洋書房(2021/04発売)
  • ポイント 38pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784771034341

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

日本では、アブラヤシ・パーム油生産地域の実情はあまりに知られていない。豊富な現地調査で、アブラヤシ農園開発によって激変する生産者たちの生活と彼らが暮らす地域社会の実像に迫る。
 本書では、パーム油原料のアブラヤシは誰がどのように生産しているのか、生産者たちが暮らす社会の構造はアブラヤシ栽培という生業をめぐっていかなる変化を遂げてきているのかを問う。姉妹編のⅠ【グローバル編】で「俯瞰」したアブラヤシ農園開発という現象について、一転、インドネシアやタイの現地に入り「地を這う目線」で調査分析した成果を収録。