ツギクルブックス<br> 薬屋経営してみたら、利益が恐ろしいことになりました ~平民だからと追放された元宮廷錬金術士の物語~

個数:1
紙書籍版価格
¥1,320
  • 電子書籍
  • Reader

ツギクルブックス
薬屋経営してみたら、利益が恐ろしいことになりました ~平民だからと追放された元宮廷錬金術士の物語~

  • ISBN:9784815608521

ファイル: /

内容説明

錬金術の才能を買われ、平民でありながら宮廷錬金術士として認められたアイラ。
錬金術を使った調合によって、日々回復薬や毒消し薬、ダークポーションやポイズンポーションなどを精製していたが、平民を認めない第二王子によって宮廷錬金術士をクビになってしまう。
途方に暮れたアイラは、知り合いの宿屋の片隅を借りて薬屋を始めると、薬の種類と抜群の効果により、あっという間に店は大繁盛。
一方、アイラを追放した第二王子は貴族出身の宮廷錬金術士を新たに雇い入れたが、思うような成果は現れず、徐々に窮地に追い込まれていく。
起死回生の策を練った第二王子は思わぬ行動に出て――。
追放された錬金術士が大成功を収める異世界薬屋ファンタジー、いま開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kitten

7
図書館本。タイトルに「薬」が入ればとりあえず借りてみるが、いくら何でもこれはちょっと合わなかった。王子がいて、貴族がいて、平民がいて、魔法がある世界で、ファンタジー世界のようなポーションやエリクサーを調合する、と。なにか、裏にすごい設定があるのかも知れないけれども、異世界ファンタジーとしても薄っぺらい感じがして。アイラはいい子だと思うけど、なんでそんなに身分や才能のある男どもがよってくるかね?ユリウスの考えが薄っぺらい。うーん。評価、星1。これはこれで需要があるんだろうけどさ。2022/01/23

菊地

4
ザマァ対象であるはずの「第二王子」があまりに考え無しの馬鹿野郎に描かれてしまってて逆に可哀想になってしまった。 「宮廷錬金術士」を第二王子の独断で辞めさせたり、人事を好き勝手にしたり、他国出身のものを簡単に入れていまったりとディテールが甘すぎて微妙でしたね。2021/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17245768
  • ご注意事項