講談社タイガ<br> アンデッドガール・マーダーファルス 3

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader

講談社タイガ
アンデッドガール・マーダーファルス 3

  • ISBN:9784065223680

ファイル: /

内容説明

村人が次々喰い殺され、闇夜に少女が連れ去られた――犯人は人か、それとも狼か?

〈牙の森〉の謎を追いドイツへ向かった〈怪物事件専門の探偵〉真打津軽たち、鳥籠使い一行が遭遇したのは、人狼にまつわる怪事件だった。犯人は人か、それとも狼か?
怪物たち〈夜宴〉と保険機構〈ロイズ〉も介入し、やがて舞台は人狼の隠れ里へ。満月の夜が戦乱を呼び、二つの村がぶつかり合おうとしたそのとき、輪堂鴉夜の謎解きが始まる。ミステリと冒険が入り乱れる予測不能の笑劇(ファルス)、第三弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nobby

180
待ちに待った第3弾♬大幅にボリューム増した分どっしり頑丈なミステリへの変貌を堪能!そりゃ青崎さん平成のクイーンだものね!大作まるごと人狼で描くのは圧巻!人間・狼・獣人と分かりやすい3形態が素晴らしく作用するのはお見事!鳥籠feat.静句vsロイズNo.3&4vs夜宴@M&J抜きの大白熱アクションも後半ようやくながら雑魚キャラ見当たらず(笑)それでも今回のメインは完全に少女連続殺人の謎解き!いや、伏線回収が半端じゃない!そして最後に匂わされる新展開やニヤリな人物との合流に、くれぐれも続編早めにお願いします!2021/05/07

麦ちゃんの下僕

180
帯の「闇鍋本格ミステリ」という表現がまさに言い得て妙な(笑)伝奇推理笑劇シリーズ待望の第3巻!今回のテーマは「人狼」…人・狼・獣人という3種類の姿に変化できる“怪物”です。人狼の捕獲を狙う「夜宴」を追ってドイツにやって来た「鳥籠一行」が、崖の上にある人間の村と崖の下の森の中にある人狼の村それぞれで発生している少女連続殺人事件の謎に挑む!そこに「ロイズ」のメンバーも絡んできて…と、今回もハラハラドキドキワクワク!ミステリーとアクションのバランスも秀逸でエロティックなシーンも増量(笑)…質・量共に大満足です!2021/04/22

みっちゃん

172
随分待たされたけど…待ったかいもあった。3人の軽妙かつ珍妙なやり取りも健在。何回も笑わされた。ダイヤの導きに従い、向かったのはドイツ。森深く閉鎖的な村で、次々と起きる残虐な事件。犯人はやはり「人狼」なのか?あっ、これはもしかして!と見抜いたつもりでいたら、やっぱりとんでもなかった!驚かされた。そしてまたまた次が楽しみになるラスト。今度はあまり間を置かずにお願いします。 2021/05/16

ナルピーチ

171
シリーズ3巻目は人狼編。はぁ~~!!面白い!巻を追うごとに物語の魅力に没入させられる。人狼捜索の為に向かった鳥籠使いの次なる舞台はドイツ。“人間が暮す村”と“人狼が暮す村”双方で同じ時期から始まった連続殺人事件の謎に迫る。そこに夜宴とロイズも加わり、三者三様の思惑を抱えた構図で展開していく。2つの村で同時進行する本格的な推理劇と、手に汗握るアクション描写にはとにかく凄い。今回は今まで鴉夜の影に徹していた静句の違った一面も見て取れる。次なるステージは何処へ!次巻の刊行を楽しみに待つ!2022/03/13

ちょろこ

145
シリーズ第三弾の一冊。久々に会えた鳥籠使い御一行様。それだけでもうれしさいっぱいなのに舞台は南ドイツ、美しい森と滝、人狼の里伝説という世界観にさらに心は躍る。そしてお決まりの怪事件。鴉夜の謎解きもキレッキレ。テンポよく、なぜ?のピースが定位置にカチっとハマるパズルみたいで爽快感を味わえた。せつなさ漂う真相がまた印象的。放たれたい、羽ばたきたい気持ち、そこに鴉夜の心情も重ね合わせるとさらにしんみり。でもどんな時も明るい御一行様。鴉夜と津軽のかけあいは和む。続編もお約束された展開にさらに心躍った。2021/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17708353

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。