角川SSC<br> フィギュアスケート・カルチュラルブック2020-2021 氷上の創造者

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

角川SSC
フィギュアスケート・カルチュラルブック2020-2021 氷上の創造者

  • 著者名:KADOKAWA【編】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • KADOKAWA(2021/02発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784047364950

ファイル: /

内容説明

---------------------------------------
コロナ禍、選手にとってもファンにとっても
特別なシーズンとなった2020-2021年を
美麗な写真と独自目線の記事で振り返る。

スポーツとアートが一体となった
稀有な氷上競技であるフィギュアスケートについて、
様々な視点から考察。
---------------------------------------

●掲載予定選手●
羽生結弦、紀平梨花、坂本花織、
三原舞依、宮原知子、宇野昌磨、
鍵山優

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みずほ

2
★★★★★ 表紙裏表紙とも羽生選手。4~29頁までノンストップで羽生成分、全日本レビューの扉ページが羽生選手。合計すると29頁が羽生成分。マッシさん6頁。伊藤さん7頁(そのうち羽生衣装は1頁)。このお二人は1号に引き続きの登場でレギュラー入り? 平等本の中では羽生ファン的に一番抵抗がない構成かと。文章は松原氏、マッシさん&伊藤さんという羽生ファンに人気のコラムやインタに力を入れ、それ以外の選手は全日本順位に沿って平等に掲載。フィギュアを取り巻く海外選手やコロナ事情やリンク事情にも触れバランスがよい内容2021/02/26

kaz

0
男子は、羽生、宇野に続く世代の成長がどうなのだろう。そこそこのタレントはいそうだが、まだ少し時間がかかるのだろうか。図書館の内容紹介は『コロナ禍で大きな打撃を受けたフィギュアスケート界。その中で努力とともに未来を切り拓こうと闘い続ける選手たちの2020-2021年シーズンを、様々な角度から振り返る。衣装デザイナー伊藤聡美による制作秘話等も掲載』。 2021/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17531200

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。