プリンセス・コミックス<br> 陰陽師・安倍晴明【電子単行本】 2

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

プリンセス・コミックス
陰陽師・安倍晴明【電子単行本】 2

  • 著者名:川端新/結城光流
  • 価格 ¥576(本体¥524)
  • 秋田書店(2021/02発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784253273824

ファイル: /

内容説明

人と妖の間に生まれ、類い稀なる力を持つ陰陽師・安倍晴明。太陰、玄武、青龍をはじめとする十二神将を使役に下した晴明だったが、術者が放った蟹に襲われてしまう。だが、そのまま大人しくしているはずがなく…!? そして、青龍と晴明の“出会い”が明らかに…!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はな

21
素直になってきた太陰と玄武が可愛くてしょうがない。いいぞ、玄武!もっと塩まけ!2021/09/05

空のかなた

18
一巻から更に面白くなってきた。晴明の苦悩や、橘若菜への想いが伝わる。回想シーンで晴明が、十二神将の三番手、青龍を使役に下すシーンの迫力の呪のシ~ン、一方半妖であり主としての器にも疑問がある、晴明を主とは認めない青龍のやるかたない憤りも良く伝わる。また、姫御前の禍々しいオーラや表情は原作よりも上手く描かれているように思う。原作の「その冥がりに、華の咲く」と「我、天命を覆す」と合わせて読むことで、どちらの世界も味わえる傑作。キャラクターが魅力的なコミカライズとしても好きだ。2021/07/18

鶯@芒羊會

12
原作既読。徐々に打ち解けてきた太陰と玄武がかわいい。漫画版だと言動もそうだけど表情が雄弁に語ってくれる。天一、朱雀、勾陣もお目見え。お馴染みの十二神将たちが揃ってきて嬉しい。そして守宮かわいい。荷葉は一体何者か、若菜はどうなるのか、晴明の呪詛は?原作を読んだのが随分前だから細かい展開がうろ覚え……また読み返したい。漫画の方は「その冥がりに華の咲く」の中に「我、天命を覆す」を入れ込む構成なのかな?次巻が楽しみ!2021/03/10

紅羽

8
2巻目。じわじわと見えない術者に追い詰められていく晴明。おまけに十二神将たちとの連携も儘ならない中、少しずつその痕跡が掴める兆しが現れ、これから反撃となるのでしょうか。若菜の存在等、続きが気になります。 2021/03/01

キカゼ

7
待ってました!安倍晴明!十二神将!! 読んでると文庫本の文章が蘇ってきます。私の推しの小説コミカライズです。華の妖が思いっきり華だったので、私の妄想は間違ってなかったと安心しました(笑)これからは1巻の内容になってくるのかな!?また小説が読みたくなります!玄武の塩を巻くシーンが好きです(笑)2021/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17183069

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。