GA文庫<br> 信じてくれ!俺は転生賢者なんだ ~復活した魔王様、なぜか記憶が混濁してるんですけど!?~

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

GA文庫
信じてくれ!俺は転生賢者なんだ ~復活した魔王様、なぜか記憶が混濁してるんですけど!?~

  • ISBN:9784815609306

ファイル: /

内容説明

壊滅した魔王軍残党の少女サシャは、この世界のどこかに復活した魔王を探し求め、一人の少年と巡り会った。
前世の記憶をもつ少年アルト。彼に魔王軍再建の悲願を託そうとするのだが――
「わかってる。俺は転生した賢者なんだろ?」
「はああああああ!?」
なぜか魔王は盛大に勘違いしており、自分を勇者の仲間だったと信じちゃっていた!?
「魔王の力なら見て覚えたぜ、賢者だからな!」
(いやいや本人だからですってば!)
「さあ魔王の復活を阻止しよう!」
(もうしてるんですけどーッッ!)
魔王のスキル×賢者のチート、勘違いのくせに強さは本物!
悪のカリスマが突き進む、世直し無双ファンタジー、開幕!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

7
かつて魔王が勇者に滅ぼされた世界で、魔王の転生体である運び屋の少年が、かつての部下の少女に出会い始まる物語。―――覚えていずとも変わらぬ心が、昏き世に光を運んでくる。 勘違いとすれ違い、無自覚ボケと怒涛のツッコミに彩られた物語であり、シリアスが全く息をしていない、怒涛の勢いで繰り出される漫才の中、世直しの爽快感が光っている物語である。周囲に気付かれながらも本人は気付かず。果たして自身の前世に無自覚な少年は、かつての部下達に見守られながらどう過ごすのか。次の騒動は何が待っているのか。 次巻も楽しみである。2021/02/14

リク

5
魔王が賢者に転生した話かと思ったら、自分のことを賢者と思い込むアレな人の話だった。基本的にギャグだし、魔王とはいえただの善人なので気楽に読める。魔王軍が萌えキャラしかいないのは、そのカリスマのせいなのか…。いや、騎士団含めてヤベえ奴しかいないんだけども。サシャさんツッコミお疲れ様です! 勇者はギャグにしてるけど、本人にしちゃ死活問題だよなぁ。アルトのクソ前向きさを見習って頑張れ!2021/02/17

niz001

4
アニメやってる方のシリーズのバージョン違いみたく感じてたけど、こっちはサシャのツッコミを楽しむべき作品だと気づくw。2021/02/17

りのん

3
キャラの掛け合いが楽しい!特に勘違い魔王やポンコツ騎士長などボケだらけの周りに対して、キレキレなツッコミを見せるサシャのやり取りが大好きです。勇者なのにムチムチすぎてパンツがビロビロだとか、服がパツパツになるだとかのくだりは笑いました。口絵のエリーゼの姿がなんかこう色々すごかったんですが、そういうことだったんですね…笑。主要キャラがすでに大方出揃った感があるので今後の展開大丈夫かなと思いつつ、次巻も出れば読みたいです。2021/02/12

M2

1
勘違い(というか現実逃避による頑な思い込み)主人公アルトの言動とツッコミ役サシャの的確なツッコミが楽しい。軽く楽しめたけど時々文章が変で誤字脱字の多いのが気になった。読点の位置が明らかにズレてるところがあったし。まあ「領主書」はちょっと可愛かったけど。イラストは何故この絵師さんに頼んだの?と思った。これだけ多彩な女性キャラが登場するのだから胸の形・サイズも多彩に描いてほしかったし、アルトやウルフィンをもっと格好良く描いてくれる人に担当してほしかった。2021/03/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17306057

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。