ネクロマンス(5)

個数:1
紙書籍版価格 ¥495
  • Kinoppy
  • Reader

ネクロマンス(5)

  • 著者名:堂本裕貴【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2021/01発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065220740

ファイル: /

内容説明

魔王を打ち破った勇者シブキは、魔王の呪いでアンデッドになってしまった! 愛する聖女サフィに触れる事すらできなくなった失意のさなか、倒したはずの魔王も生きている事が明らかに。シブキ一行は世界平和のため、そして呪いを解除して再びサフィに触れるため、魔王を探す二度目の旅に出る――!! 主人公が死んで始まる愛と勇気の冒険譚、堂々開幕!!

再合流したパーティは、魔王の手がかり求めて、陽の国・アケボノへ! しかし、二人きりで調査中のリコとビバは、突如現れた謎のゲートに吸い込まれてしまう。行く先には、リコの魔法に興味を持つ魔物・ルピナスが待っていた! さらに、人間と魔物の争いも勃発! 一触即発の雰囲気にシブキがとった行動はー!? 恋する乙女・リコに最大の試練! そして、人間と魔物の関係にも迫る、異世界ラブコメディ最終巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キリル

15
ビバ君とシルバーが加わってより賑やかになった勇者一行。「遊び心」を持つ仲間は大切ですね…アケボノでは浴衣姿のサフィとリコや、ビバ君とリコのなり染めやコンビでの戦闘も見れてよかったです。魔法のことで目を輝かせるリコもかわいいですが、ビバ君と一緒にいてドキドキしている乙女な姿もかわいかったです。愛の力は偉大ですね。アケボノでの一件も終わっていよいよというところでまさかの終了なのだけが残念なところです。面白かったのに…2021/01/16

alleine05

6
表紙通りのリコ回で今回はサフィとシブキの出番は比較的少なめ……だというのにここで打ち切り完結だという。いやそりゃ比較的区切りのいいところまでは進んでたけどさあ。敗因としてはやはりファンタジーの世界が舞台というのはこの作者のラブコメメインの作風にあまり合っていなかったんじゃないかと。読んでみればちゃんとファンタジー要素をラブコメ要素をうまくミックスさせているんだけど、そのへんがなじむのに時間がかかったのかなという気が。まあ、いずれどこかでこの作品が続きを読めることも、次の新作にも期待ということで。 2021/01/16

リク

5
残念ながら「俺たちの戦いはこれからだ」エンド。おのれ資本主義め…。ただ無理やり畳むんじゃなくて、区切りのいいところで終わらせたのは英断だったと思う。最終巻はリコと恋の話がメイン。巻き込まれ体質で天然な幼馴染に振り回されながら、己の恋にも全力投球。やはり堂本さんの描く恋する乙女はとても魅力的だし、恋する乙女が最強というのは誰もが認めることだ。寂しいけれど、また次の新しい作品に出会えると切り替えて、堂本さんの次回作をお楽しみにしています。2021/01/16

ppwahara

1
私たちの戦いはこれからだ!(公式)2021/04/27

蝉、ミーン ミーン 眠ス

1
大聖女との対面を経てせっかく面白くなってきていたのに伏線完全放置の打ち切りENDは悲しいなあ。2021/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17207813

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数5件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす