中公文庫<br> 国富論(合本)

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
国富論(合本)

  • 著者名:アダム・スミス【著】/大河内一男【監訳】
  • 価格 ¥4,180(本体¥3,800)
  • 中央公論新社(2020/12発売)
  • 2月最後の週末!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~2/28)
  • ポイント 1,140pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

スミスは急激に勃興してくる資本主義社会における人間の本性と社会的生産力の全構造を究め、「見えざる手」に導かれる社会原理を明らかにして、新しい科学=経済学にはじめて体系を与えた。『国富論』の決定的な影響は人文、社会科学のあらゆる分野に及び、その故に、『資本論』とともに経済学の古典中の古典とされる。この古典経済学と近代自由主義の原典に、独自の要約的小見出しや詳細な訳注を配して甦らせた邦訳の決定版。

第一篇では、労働に価値の源泉と尺度を求めるスミスが、分業・商品・賃金・利潤・地代の解明を通して先駆的労働価値論を展開。
第二篇では、生産的労働と不生産的労働によって資本蓄積を論じる。第三篇では、資本投下の「自然な順序」を逆転させた国家による経済活動の政策的介入の歴史を究明し、第四篇では重商主義を徹底的に批判する。第五篇では、国家義務たる国防・司法・公共施設、また租税・公債のあり方を述べて、独自の国家観を展開する。
巻末に、各版の異同、邦訳少史、年譜、小見出し一覧、索引等、精細な研究の手引きを付す。

〈巻末対談〉大竹文雄×出口治明「アダム・スミスを誤解の海から解き放とう」

定評あるロングセラー翻訳書を厳選し、読みやすくした新版