講談社文庫<br> 食べてこそわかるイタリア

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
食べてこそわかるイタリア

  • ISBN:9784062730679

ファイル: /

内容説明

美味しい国を食べ尽くす、読み尽くす! 食は、国を現わす。さあ、どうぞ召し上がれ! ――イタリア料理といえば、ご存じパスタにピッツァ。それじゃあ、ポルケッタにポレンタ、チッチョリは? 四季折々、地方ごとに高い独自性をもつイタリア料理。毎日を幸せにしてくれるイタリア流生活レシピ満載のエッセイ。400を超える料理・素材から解きあかす、もっと美味しいイタリア!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

376
内田洋子さんの本はこれで16冊目(幸いなことにまだまだたくさんある)だが、今回のこれは(夫のシルヴェリオさんとの共著ということはあるにしても)今までに読んだものとは趣きが違う。私がこの人のイタリアに関するエッセイを好んで読むのは、それがエッセイでありながら、そこに独特のしみじみとした小説空間のようなものがあるからだ。時にはある種の哀しみさえ漂っている。それがここにはないのだ。雑誌の連載であったこともあるだろう。網羅的過ぎて、なにもかもがテンコ盛り。そこに抒情の介在する余地がないのである。2020/02/22

わっぱっぱ

29
いくらお金をかけようと到底真似のできない贅沢な食の旅である。豊富な人脈と洗練された舌、あくなき好奇心、食材との出逢いの幸運、何よりこの素晴らしい食文化を支えている人々の多くが老人であること。本書は01年刊行なので、あるいはもう消えてしまった味もあるのではないだろうか。想像力と知識をあらん限りに注入して脳内で味わうイタリアの味は、次第に記憶の中にあるイタリアの景色とか匂いとか、笑顔や思い出を呼び起こした。料理を通して人を、国を食べているような、豊かな読み心地だった。2017/12/18

鰍メバル

4
よく食べてよく飲んでるなあ。イタリアは南北に細長い国。各地方にそれぞれ特色のある料理がある印象。いくつも料理の名前が出てきてはどんな香りでどんな料理なのかなと想像が膨らむ。著者を含めてお仲間の方はかなり上流の部類の方々なのかと思われ、普通にイタリアを旅して食べられるものばかりなのか。どうなんだろう。2020/10/30

ヨハネス

3
語り手が誰なのか(内田さんなのか夫のピズさんなのか第三者なのか)わからないけど、とにかくよく食べ、そのたびテンション上がりっぱなし。読んでるこちらも上がりっぱなし。簡単にレシピが書かれたものは全部試したくなります。ちょうど使いかけのトマトソースの瓶があるし、安売りでつい買ってしまった白インゲン水煮。合わせてちょっと煮込めば絶品、になるはず・・・やはり現地で食べたいな。カスタニャッチオ、マリトッツォ、フォンドゥータ、クルミーロ・・・知らない料理やパンの名前がどんどん出てきて知識欲をこれでもかと刺激されました2013/10/16

Ai

1
2003-072003/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/119472

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。