角川コミックス・エース<br> 一式さんは恋を知りたい。 (1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川コミックス・エース
一式さんは恋を知りたい。 (1)

  • 著者名:あららぎあゆね【著】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • KADOKAWA(2020/12発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041109328

ファイル: /

内容説明

堅物で真面目な警察官だと周りから尊敬されている一式警部は、最近どうも仕事がうまくいかないご様子。その原因は一緒に仕事をしている探偵・六反田がいる時にばかり起こってしまう…。そこで彼女がとった選択が…?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

びぜんや

2
うーん。「フツー」というのが感想ですねぇ。鉄壁ヒロインが恋を知って残念になってくのを楽しむラブコメ、といった趣でその基本を抑えてはいるんですが、基本から外れて行かないのでどんなシチュエーションになっても「どこかで見たような……」という感想しか出て来ません。ヒーローの魅力が感じられなれずただのダメ人間に見えてしまうのも昭和のラブコメならともかく今の作品としてはどうなのかなと思います。★☆☆☆☆2021/01/31

kujira

1
この著者で検索してはじめて知ったけど、一迅社で出たやつのリブート版とかみたいな感じなのだろうか? クールキャラが恋を知ってぽんこつになっていく様をニヨニヨする系のマンガで、現状そういう系のマンガとしては目新しさはないんだけど、果たして。2021/01/18

まつだ

0
「リンナ警部」の続編、なのかな。ヒロインが好感しか感じられないので読んでて心地よい。2021/02/23

古戸圭一朗

0
事実上『リンナ警部は呼吸ができない』の舞台やキャラクター名を変更した続編。同作、および後日談の同人誌読者であれば、引き続き同じように楽しめるだろうが、新たな物語として見た場合、少々ストーリーテリング的に違和感があるかもしれない。設定を変更するなら、もう一度二人の出会いからはじめてもよかった気もするし、既に双方ともに恋心をもっているというのも唐突な感じがある。とはいえ、以前からフォローしている身としては、続刊も読んでいきたい。2021/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17101117

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす