岩波少年文庫<br> モンテ・クリスト伯 中

個数:1
紙書籍版価格 ¥924
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

岩波少年文庫
モンテ・クリスト伯 中

  • 著者名:アレクサンドル・デュマ/竹村猛
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 岩波書店(2020/12発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784001145045

ファイル: /

内容説明

陰謀によって結婚直前に牢獄に囚われの身となった青年エドモン.14年後脱獄した彼は,モンテ・クリスト伯となって,次々と復讐をとげていった….正義と愛にあふれる壮大なロマン.

目次

もくじ┴おもな登場人物┴40 会食者たち┴41 昼食┴42 紹介┴43 ベルツッチオ┴44 オートイユ┴45 復讐┴46 血の雨┴47 無制限貸付け┴48 連銭葦毛の馬┴49 観念論┴50 エデ┴51 モレル家┴52 ピラムスとチスベ┴53 毒物学┴54 歌劇『魔王ロベール』┴55 騰貴と暴落┴56 カヴァルカンチ少佐┴57 アンドレア・カヴァルカンチ┴58 ウマゴヤシの囲い地┴59 ノワルチエ・ド・ヴィルフォール┴60 遺言書┴61 高所信号機┴62 桃を食いあらす山鼠から園芸家を助ける方法┴63 幽霊┴64 晩餐┴65 乞食┴66 夫婦げんか┴67 結婚の計画┴68 検事室┴69 夏の舞踏会┴70 調査┴71 舞踏会┴72 パンと塩┴73 サン・メラン侯爵夫人┴74 約束┴75 ヴィルフォール家の墓所┴76 報告書┴作者について

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おか

27
いよいよ 悪人の巣窟(笑) パリへのりこんだダンテス!用意周到、準備万端 整えて行く。読む身としては バッサバッサと悪漢を倒して欲しいところだが そこはそれ 14年間も獄中で耐えたダンテスとしては 知力 財力を総動員して根回しが必要だということだ 笑。デュマは 劇作家でもあったので 視覚的にも読み手を楽しませる。所謂 一人何役もこなしていくあたりは その表れであろう。さあさあ いざ 最終巻へ!2016/07/20

わむう

20
登場人物が多いため上巻を読了中は自分で相関図を作って読んでいたのですが、中巻からは巻頭に登場人物紹介が書かれているので読みやすいです。2018/06/19

カラスノエンドウ

19
再読。無人島へ行くなら、私はこの本を連れていきます。登場人物が増えに増えて、寂しくないから(笑) 出揃った役者に渦巻く欲望、人間の業の深さ。中巻はモンテ・クリスト伯爵の妖しい魅力にしびれる。敵へ言い放つ皮肉が小気味よくてたまりません♡【祝・岩波少年文庫創刊70周年!】2020/05/09

kagetrasama-aoi(葵・橘)

17
エドモン・ダンテスを陥れた三人が、それぞれ爵位を持って(当時は爵位が変えた時代)、成功しているのでより復讐心が唆られていくのがよくわかります。そして、やはり、メルセデスにたいする複雑な感情がこの物語をより面白くしていると思います。一番の仇敵フェルナンとの間に生まれた息子アルベール、この息子には何も罪が無いのに……。とエドモンも苦悩します、それが物語に深みを齎しています。でも、エドモンの獄中の悲哀、悲嘆を知っている読者はもう何が何でも復讐を果たして欲しいと願いつつ読んでしまいます。下巻へGOです。2018/10/15

たま

12
上巻苦戦したけど、中巻いっきに面白くなってきた。ドロドロ感半端ないよー。中巻になっても登場人物の紹介ページは手放せない。年始一発目に読むにしてはちょっと暗いけど(笑)下巻に行きます。2022/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/410853

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす