サンデーGXコミックス<br> 夏へのトンネル、さよならの出口 群青(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

サンデーGXコミックス
夏へのトンネル、さよならの出口 群青(1)

  • ISBN:9784091576194

ファイル: /

内容説明

時空を超えるトンネルに挑む少年と少女の夏

夏の日のある朝、田舎の高校生・塔野カオルはある都市伝説を耳にする。それは中に入ると年を取る代わりに欲しいものがなんでも手に入るトンネルがある、というものである。その名も「ウラシマトンネル」。その日の夜、散歩に出掛けたカオルは怪しい雰囲気漂うトンネルを見つける。恐怖を感じるカオルだったが、それと同時に興味を持ってしまう。「もしこのトンネルが本物のウラシマトンネルだったなら…」。
ガガガ賞&審査員特別賞のW受賞を果たした大注目作品のコミカライズ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

leo18

3
原作既読。描き込みも多いし、キャラも魅力的に描けていて良い。2020/12/22

die_Stimme

2
入ると歳をとる代わりに欲しいものが手に入るウラシマトンネル。高校生の塔野はたまたまそのウラシマトンネルをみつけてしまい、5年前に亡くなった妹のカレンのサンダルをそこで手に入れる。もっと奥に進めばカレンを取り戻せるのでは…という、設定も面白いし、トンネルに入ってどれぐらいの時間で外の時間ではどれぐらい経過するかとか計測したりするのも面白い。絵もきれいでストーリー展開もすごくいい。ひょんなことからウラシマトンネルの秘密を共有することになったクラスメイト花城とのラブコメ要素もあり楽しみな作品。花城さんかわいい。2021/05/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16950904

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。