コミックニコラ<br> アオイロ・メロディ 3巻

個数:1
  • 電子書籍

コミックニコラ
アオイロ・メロディ 3巻

  • 著者名:猪狩そよ子【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 新潮社(2020/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

好きだけど、この気持ちは伝えちゃいけない。
バンドのために。

「歌うことがだいすき。でもこれは、だれにも内緒なの」

恥ずかしがり屋の女子高生・桜井青(さくらい あお)は、ある日、空き教室で歌っているところを学校の人気者・成田慎(なりた しん)に聴かれ、バンドのボーカルにスカウトされる。
お母さんとの衝突や友達とのすれ違いなど、いろいろと困難もあったけど、慎やバンドメンバーのサポートによって徐々に自信をつけ、バンドの一員として成長していく。

そんな中、「高校生バンドフェス」が開催されることを知った青たちは、出場を決意。

課題の“恋”をテーマにしたオリジナル曲の詩を青が考えることになったけど、初恋もまだな青は大苦戦。
息抜きにとみんなで夏祭りに出かけたけど、博人の計らい慎とふたりきりになってドキドキ……。
そんななか、かかってきた電話に出た慎の苦しそうな表情を見て青は、

「いままでたくさん助けられてきた。
だから今度は私が力になりたい」

と行動に。

結局、青の勘違いだったけど、それをきっかけにふたりのなかは徐々に近づいていく。

書き上げた歌詞は、青の慎へのストレートな気持ちが表現されていた。

「高校生バンドフェス」にむけて全速前進の青たち。
だけど、慎とヒロトはどこか様子がおかしくて…。

「もしかして、私の気持ちのせい?
だったら、この想いは胸にしまっておかなきゃ」

頑張って想いを押し込めるけど、何かあるたびにあふれそうになる気持ち。

バンドフェス前日、慎からの着信に思わず家を飛び出して、
バイト先まで会いにいった青。

普段見ない慎の表情、何かあったらいつも手を差し伸べてくれるのに、
どこか自分と距離を置く慎に青はますます混乱を深めていく。

そしてバンドフェス当日、他バンドのボーカル・愛莉から、

「バンド内恋愛なんてバンドを崩壊させるだけ」

と言われた青。

動揺したまま、本番を迎えちゃって――。

どうなるバンドフェス!!