講談社学術文庫<br> アステカとインカ 黄金帝国の滅亡

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,551
  • Kinoppy
  • Reader

講談社学術文庫
アステカとインカ 黄金帝国の滅亡

  • 著者名:増田義郎【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 講談社(2020/11発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065217764

ファイル: /

内容説明

一六世紀、スペイン人によるアメリカ大陸征服史が始まる。黄金を探すコロンブス、ピサロ、コルテス……。抵抗する、モクテスマ、トパック・アマルなどのインディオたち。栄華を誇った帝都と文明は、いかに滅ぼされたのか? 西欧と非西欧の壮絶なる戦いの記録を、既存の、スペイン人主体の史料では触れられなかった「敗者の視点」から再検証、植民地時代から現在へ続くラテンアメリカの被征服史を辿る。

プロローグ 黄金の夢
第一章 コロンブスの目指したジパンゴ
第二章 冒険者バルボア
第三章 メキシコの発見
第四章 首都の攻防
第五章 対決
第六章 「悲しき夜」
第七章 英雄の敗北
第八章 太平洋と中央アメリカ
第九章 南の海の探検
第一〇章 カハマルカの悲劇
第一一章 クスコ占領
第一二章 征服者たちの争いとインカ
第一三章 アラウコの国とパンパ
第一四章 ムイスカの黄金
第一五章 エル・ドラードとアマゾンの国
エピローグ 征服者たちの黄昏
あとがき
年表
民族と地域
人名検索

2002年小学館より刊行されました

目次

プロローグ 黄金の夢
第一章 コロンブスの目指したジパンゴ
第二章 冒険者バルボア
第三章 メキシコの発見
第四章 首都の攻防
第五章 対決
第六章 「悲しき夜」
第七章 英雄の敗北
第八章 太平洋と中央アメリカ
第九章 南の海の探検
第一〇章 カハマルカの悲劇
第一一章 クスコ占領
第一二章 征服者たちの争いとインカ
第一三章 アラウコの国とパンパ
第一四章 ムイスカの黄金
第一五章 エル・ドラードとアマゾンの国
エピローグ 征服者たちの黄昏
あとがき
年表
民族と地域
人名検索

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

卯月

6
増田先生訳のシエサ・デ・レオン読んで以来、インカ征服者たちのその後の内紛も読みたかった。書店で本書を見かけ、著者プロフィールで逝去を知る。本書はコロンブスから始まり、北中南米全てを描く。ページをめくってメシカ(アステカ)の首都テノチティトランの地図が現れた瞬間、初めて都を見たスペイン人のように息を呑む。アメリカ大陸の住民は大勢死ぬが、スペイン人も桁は違うけど、第一回探検で約200人中130人が死亡したので160人を新規募集、とか“人数”になってる感があるな……。決して圧勝ではなく、長く激しく抵抗した人々。2021/04/20

(ま)

1
コンキスタドーレスの黄金への妄執に滅ぼされた文明、現代の混迷の始まりの時代2020/12/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16815129

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。