ワクチン・レース - ウイルス感染症と戦った,科学者,政治家,そして犠牲

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,640
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

ワクチン・レース - ウイルス感染症と戦った,科学者,政治家,そして犠牲

  • ISBN:9784758112130

ファイル: /

内容説明

1962年6月霧雨の朝,ある若い科学者が仕事へ出かけていった―ワクチン,細胞老化,産学連携を結ぶヘイフリック.彼や関係者証言から60年代の熾烈な風疹ワクチン開発を描くノンフィクション.解説/岩田健太郎

目次

プロローグ

第1部 細胞
第1章:はじまり
第2章:発見
第3章:ウィスター再生
第4章:染色体異常と中絶
第5章:死にゆく細胞と定説
第6章:スウェーデンからやってきた細胞
第7章:ポリオワクチンの〝お客様〟
第8章:人体実験

第2部 風疹
第9章:姿を見せた厄災
第10章:小さな命を襲う災い
第11章:狂犬病
第12章:孤児と市井の人々
第13章:馴染みの悪魔
第14章:政治と圧力
第15章:大脱走
第16章:熊の穴
第17章:細胞をめぐる闘い
第18章:DBSの敗北
第19章:躍進

第3部 WI 38細胞をめぐる攻防
第20章:奪われた命とスカイラブ
第21章:細胞Inc.
第22章:苦難の道
第23章:ワクチン開発競争
第24章:生物学Inc.
第25章:ヘイフリック限界の解明
第26章:ブート・キャンプの病原体とバチカンへの嘆願
第27章:巣立ちのとき

エピローグ:その後

謝辞

解説/岩田健太郎