ブルーバックス<br> 細胞とはなんだろう 「生命が宿る最小単位」のからくり

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

ブルーバックス
細胞とはなんだろう 「生命が宿る最小単位」のからくり

  • 著者名:武村政春【著】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 特価 ¥770(本体¥700)
  • 講談社(2020/10発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065215661

ファイル: /

内容説明

すべての生物の基本構成単位として、あたり前のようにとらえられている「細胞」。
その細胞を、「生物ではない」けれど、「細胞への侵入が可能な存在」であるウイルスの視点から見つめ直すと、何が見えてくるのか?

あたかも、ウイルスに侵入してくれと言わんばかりの構造をしている細胞膜。
ウイルスに容易に乗っ取られてしまうタンパク質合成装置=リボソーム。
ウイルスに瓜二つのエネルギー工場=ミトコンドリア。
新型コロナウイルスにもまんまと利用される輸送システム=細胞内膜系。
そして、細胞の“司令塔”たる細胞核にいたっては、ウイルスによって生み出された!?

細胞の機能としくみ、その一生はなぜ、現在の私たちを構成するあのような細胞となったのか?
そして、その進化の過程でウイルスが果たした役割とは?
──気鋭のウイルス学者が、「侵入者目線」で新たな細胞像を解き明かす、傑作サイエンスミステリー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やいっち

77
著者の「専門は、巨大ウイルス学、生物教育学、分子生物学、細胞進化学」。多数の著書があるが、『巨大ウイルスと第4のドメイン』や『生物はウイルスが進化させた』などを読んできた。巨大ウイルスが描く細胞像というのが、本書の特色だろう。本書は本年の9月末に書かれたという。まさにコロナ禍の真っただ中。2020/12/10

ゲオルギオ・ハーン

19
復習も兼ねて読みました。ウイルスを研究されている学者の著書ということもあり、ウイルスを視野にいれながら細胞核、細胞膜、リボソーム、ミトコンドリアなどを解説しているところと不意に出る軽口が特徴的。入門書と科学読み物の中間くらいという印象かな。ウイルスとの関係により、細胞が変化していったという考えはとても納得できるし、その方が生物学のことを考えるうえでとても興味深い。深くなりすぎない程度のところで止めているので最後まで置いてきぼりにならずに読了できました。2021/10/16

mach55

2
ウイルス学が専門の先生の著書のため、『細胞とは』何かをウイルス視点で解説されている部分があったり、ご自身の研究分野を伝えたいという思いが、ページ各所に反映されています。私のウイルス視点での想像力欠如のため、少し理解が難しい箇所があり、読み終えるまで時間がかかりました。 嫌気性のアーキアが、より多くのエネルギーを得るため、好気性バクテリアであるミトコンドリアを消化せず細胞小器官として取り込んだ、という細胞内共生説も、新たな膜進化説のどちらも、二重膜であることの説明にもなり、かなりワクワクしました。2021/06/25

Go Extreme

2
擬人化された細胞 生物の基本単位 細胞のはたらき 動物か植物か 区画から基本単位へ 細胞小器官 細胞周期 細胞膜:細胞を形作る脂質二重層の秘密 ウィルスと細胞の違い エンドサイトーシス どのように進化したのか・大いなる謎 リボソーム:生命の必須条件を支える最重要粒子 たんぱく質を自分で作ることができる ミトコンドリア:数奇な運命をたどった元生物 好気性嫌気性 細胞内膜系:ウィルスに悪用される輸送システム ゴジル体 細胞核:寄生者が生み出した真核細胞の司令塔 細胞は分化する メドゥーサウィリスの発見2020/12/13

ミント

2
★★★★ 巨大ウイルスの研究者によってウイルスから見た細胞について書かれている。ウイルスが細胞をどう利用しているかについても書かれている。2020/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16680423

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。