ノラと雑草(4)

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ノラと雑草(4)

  • 著者名:真造圭伍【著】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 講談社(2020/10発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065210758

ファイル: /

内容説明

かつて詩織を襲った大宮の泊め男が、死体損壊・遺棄の容疑で逮捕される。SNSで出会った家出少女を狙った犯行で、事件は瞬く間に世間の注目を集めることに。ニュースを知った詩織は事件の記憶がフラッシュバックし、引きこもりがちになってしまう。一方、事件の捜査を進める埼玉県警は、容疑者の部屋から詩織の所持品を見つけ、事件の重要参考人として詩織の行方を追う。山田と詩織、二人の関係が知られてしまえば、もう二度と一緒にいることは叶わない。迫る別れの時。山田の決断、そして贖罪は――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コリエル

3
完結。約束された破局ではあったし、世間的にはストックホルム症候群の一例として片付けられてしまうような「親子」関係だったが、世界は広いのだからそんな類型に縛られないこんな二人が存在してもおかしくないと思う。4年後の詩織は髪を染め見た目を変えて暮らしているからきっと楽な生活ではないのだろうが、彼女が手にする画材屋の紙袋に、人生を諦めていない姿がそこにあるのは最後まで読んで救われるかなと。2020/11/26

なつのおすすめあにめ

2
あっさりしているけど、それでよかったんだな~ってラスト。2020/11/10

私市@本棚整理中

1
堂々完結、先生お疲れ様でした!読み終わった後に表紙を見返すと感慨深いものが込み上げてくる…。詩織にとっての本物の正義が世間的な目や法律、大衆、愛してくれない実親によって踏みにじられていく哀しさに触れて自分も視野を広げて生きていければ…と感じさせてくれるものが確かに存在していた。ある種の歯痒さを残しながらも、最初から最後まで現実を描いたフィクションであり続けた事に拍手!2020/10/27

Arataki

1
これは立派な結末。難しいテーマを良く描ききりました。「帰りたくない」俺も読んだことあった、アレは男が手を出してたと明らかになった時点でルポライター(と弁護士)の心が離れたのがのがあからさまでバランス悪かったね。 2020/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16781000

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数4件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす