カドカワBOOKS<br> 追放された転生公爵は、辺境でのんびりと畑を耕したかった ~来るなというのに領民が沢山来るから内政無双をすることに~

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

カドカワBOOKS
追放された転生公爵は、辺境でのんびりと畑を耕したかった ~来るなというのに領民が沢山来るから内政無双をすることに~

  • ISBN:9784040738253

ファイル: /

内容説明

転生し公爵として国を発展させた元日本人のヨシュア。しかし、クーデターを起こされ追放されてしまう。絶望――ではなく嬉々として悠々自適の隠居生活のため辺境へ向かうも、彼を慕う領民が押し寄せてきて……!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

虚と紅羽

11
のんびりと畑も耕したくはなかっただろうに笑 激務激務激務の果てに『神託』で聖女に国を追放された転生公爵様。激務から解放され内心ガッツポーズ。不毛の地でのんびり静かに暮らすつもりが彼を熱量高めで慕った元領民が次から次へと押し寄せてきて。やっぱり仕事するはめになるのです。 出てくるキャラみんな熱量高めで主人公慕ってるのけっこう怖い‪w当たり前のように出てくるキャラを受け止めるから、どういう関係なんだろうとちょっと疑問。 そして今までハウスキーパー達の有能さを気づけなかったのか?そんなに忙しかったのか?2020/12/18

あきら

4
電子書籍。初っぱなからか周囲の人たち皆があらゆることに主人公マンセーしてて、気持ち悪い。そもそも公国の主って大公じゃないの?公爵って王に近めの血縁者が降りて貰う位だと思ってたんだが。2021/08/16

菊地

4
「公爵」っていうから国のトップから追放される流れなのかと思ったら公国だから公爵が国のトップで、王権の上に神権の代理人としての教会権力がある設定なのね。「公国という小国だから教会の影響力から逃れられない」というバランスなんですかね……2020/10/15

火烏

4
科学ベースが思ったより多くなりながら一巻終了。聖女の言葉の真意が知りたい2020/10/24

天月

3
★★★☆☆ タイトル買い。 正確に言えば副題の『〜来るなと言うのに・・・〜』の部分が琴線に触れたので。 追放された公爵様の領地開拓で前世知識チート系な?本人は理系詳しくないと言うが、水車と吹子構造だとか発電機の仕組みとか知ってるだけでも凄いと思った。 聖女の神託云々から始まるので陰謀も絡むのかと思ったけど、公爵追放で国が傾き混乱しているだけの間話も全然そんな事なく、まったりと進んでいるのが笑えて却ってほっこりしてしまいました。陰謀的なのは次巻以降に展開されるのかな〜と少しだけ期待してみる。2021/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16644025

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。