講談社ラノベ文庫<br> それでも、好きだと言えない

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

講談社ラノベ文庫
それでも、好きだと言えない

  • 著者名:赤月カケヤ【著】/へちま【イラスト】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 講談社(2020/09発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065211786

ファイル: /

内容説明

夏の終わり。人付き合いが苦手な僕の前に現れたのは、記憶喪失の幽霊、レイナだった。レイナに取り憑かれた僕は、彼女を成仏させるため、記憶を取り戻す手助けをすることになった。
 けれど、天真爛漫でお節介なレイナの存在は、僕の日常を大きく変えていき、そして僕の心さえも奪ってしまった。だけどこの気持ちは絶対に伝えることはできない。レイナの死の真相と彼女の後悔を知ってしまったから……。
 後悔と一途さと失われた記憶が紡ぐ、“7つ”の好きだと言えない理由。大切だからこそ、伝えられない想いがある。ほろ苦くて、ちょっぴり泣ける青春ラブストーリー。
 ――それでも、好きだと言えない。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

34
夏の終わりに事故に遭いかけた有馬悠人を救ってくれた記憶喪失の幽霊の少女・レイナ。彼女に取り憑かれた悠人が、成仏させるために記憶を取り戻す手助けをする青春小説。人付き合いが苦手な悠人が手がかりを探す過程で得た憧れの白浜美波との繋がり。レイナに支えられながら少しずつ自分を出せるようなって、周囲との関わりも変わってゆく悠人。意外なところから明らかになった過去でしたけど、レイナのために奔走する悠人の言葉にできない、彼女と積み重ねてきた想いが切なくて、残してくれた大切なものを胸に生きる悠人の姿が印象的な物語でした。2020/09/30

ツバサ

20
周りと距離を置き自分の殻に籠もっていた有馬悠人が記憶喪失の幽霊・レイナに取り憑かれることによって、自分が知らない意見を知ったり、自分の考えを押さえ込むことをやめたりと成長していく。レイナがなぜ幽霊になったのか、なぜ成仏出来ないのか、については切ない事情があり、悠人とレイナが苦しみながらも幸せを手繰り寄せようとすることに胸を打たれました。印象に残る作品です。2020/10/02

のれん

17
恋愛というか恋を主題にしたドラマ感。 自尊心の殻に閉じこもり諦観する主人公を変えるのは、恋をしていた一人の女性。 彼女と少年の関係は複雑。というかヒロイン側の人間関係はドラマ系のそれで、とてもじゃないが少年がどれだけ背伸びしたって恋をするには難しい。 作者によると好きだと言えない理由が7つ隠れているという。諦観、横恋慕、自責、応援……この関係の他面性は読む人によって変えるかも知れない。 学生同士の陰険さをテンプレ化した行為が長引いたのが少々嫌だったが新鮮なラノベで良かった。2020/10/22

真白優樹

16
人付き合いが苦手で自分の殻に閉じこもっていた少年が、記憶喪失の幽霊である少女に出会い、始まる物語。―――大切な言葉を伝えれど、その言葉はすり抜けれど。届けたい言葉がある。 幽霊の少女が成仏できない理由がある。彼女を好きだと言えない七つの理由がある。切ないにも程がある真実が次々と明かされる中、少女に背を押された少年が変わる為の一歩を歩き出し、幸せになる為に必死に足掻く物語であり、切なさと苦しさ、そして愛しさ溢れる、ビターなエンドだけれど確かに心に残るものがある物語である。 うん、とても面白かった。2020/10/03

T

15
人付き合いが苦手な有馬悠人は、記録喪失の幽霊少女・レイナに取り憑かれる。天真爛漫な彼女の言動は悠人の学校生活を変えていき、彼は彼女に恋をする。しかし、失われた過去の真実と後悔がその想いを阻む。大切だからこそ伝えられない。合理的に生きる少年と天真爛漫な幽霊少女のほろ苦い青春恋愛物語。レイナのために奔走する過程で切ない事実に触れつつも心折れることなく、レイナとの生活で学んだことを胸に抱え懸命に立ち向かう姿に胸打たれ、決して明るく幸せな結末とは言えないほろ苦い結末でも綺麗な結末と思える素敵な物語でした。2020/10/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16659908

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。