信頼とデジタル - 顧客価値をいかに再創造するか

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,420
  • Kinoppy
  • Reader

信頼とデジタル - 顧客価値をいかに再創造するか

  • 著者名:三品和広/山口重樹
  • 価格 ¥2,178(本体¥1,980)
  • ダイヤモンド社(2020/09発売)
  • ポイント 19pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784478110782

ファイル: /

内容説明

伝統的な日本の大企業が生き残るためのデジタル戦略をいかに構築するか。顧客との関係づくりを7つのプロセスに分解し、それぞれにデジタル技術を効果的に活用することによって継続的な信頼を得る。顧客のなかに眠るアクティビティを顕在化し、自社のアクティビティとして最大限取り入れる方法を紹介する。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

のんべー

1
・誰かが立てた計画通りに配分する統制経済より、個人の自由な活動に任せる市場経済の方が優れているという市場経済への信頼がある。市場に任せていればいずれ必要なところに投資が集まり、雇用も増える。2020/12/02

Mamoru Ando

0
デジタル化はコネクト化(時間・空間的距離)、データ化(人間の認識能力)、アルゴリズム化(人間の判断・演算能力)の三つによって説明が出来る。2021/05/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16253746

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。