講談社文庫<br> 富嶽(下) 米本土を爆撃せよ

個数:1
紙書籍版価格
¥641
  • 電子書籍
  • Reader

講談社文庫
富嶽(下) 米本土を爆撃せよ

  • 著者名:前間孝則【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2020/08発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784061859159

ファイル: /

内容説明

航空機王国アメリカに挑戦した日本の技術力は? 3年8ヵ月にわたる日米戦争の間に、日本の陸海軍は、派生型も含め164機種もの航空機開発に着手した。特に、ボーイング社が開発中だった世界最大の4発爆撃機B29をはるかに上まわる、6発の「富嶽」製造は、今日の日米最先端技術戦争のさきがけとなった。日米決戦の裏側で、技術者たちのもう一つの戦い! <上下巻>

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

moonanddai

9
読みながら、ずっと昔の東宝映画「海底軍艦」を思い出しました。発想は同じ「一発逆転」ということなんでしょうか。中島知久平がこの「富嶽」を言い出した理由としては、多民族等の問題をはらむアメリカは、本土に一撃を加えることにより、内部からの崩壊をもたらすことになるのではないか、ということもあったようです。なぜなら、アメリカは(内戦を除き)「それまで」本土を直接攻撃されたことがない国であったため、虚を突かれると脆いのではないか…。ただ、(本書刊行後の)9.11のことなども考えると、果たしてどうだったか…。2021/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/505746
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす