森メトリィの日々

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,035
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

森メトリィの日々

  • 著者名:森博嗣【著】
  • 価格 ¥1,925(本体¥1,750)
  • 講談社(2020/07発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 510pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065203125

ファイル: /

内容説明

小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2019年7月1日から半年間の毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」から5冊目の書籍化。
・なにかのニュースを見たとき、「え、本当なの?」と少し疑って、そのニュースの出元がどこかを確認する必要があります。
・では、何が面白いのかというと、それは現実が一番面白い、と確信しています。
・自分と異なる価値観の存在を認めることが、真の知性だと思います。
・「天下御免」というのも、子供のときに、「世間に謝りつづける」謙虚さの意味かと勘違いしました。
・経済は今のことですが、環境は未来のことです。
・解雇されることを「首が飛ぶ」といいます。飛ぶのは頭ですよね。
・迷うことがある状況というのは、わりと楽しいものです。悩んだり、迷ったりするのは、それだけ選択肢がある自由な条件だからです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えいなえいな

15
相変わらずの読み応えでした。おそらく読むのに一番時間がかかるエッセイです。難解なことが書いてあるわけでもないのに、不思議です。20年ほど前からずっと森博嗣さんのブログを読んできましたが(ネットでは読まず全て書籍化してから読んでます)、これが最後のブログ本だそうで、言葉では言い表せないほど悲しい気持ちです。今もブログはアップされているので、いい加減ネットで読む事にしましょう。といっても画像メインでこんなに文章は書かれていないんですけど(だからネットでも読めるのですが)。2021/01/10

tokkun1002

6
2020年。Thinking everyday in the forest 5冊目。今の森先生が今の作品を書いている。当たり前だけれども体感した気がする。2021/04/13

oputy

1
一番印象に残ったのは「自由を獲得するために書く」。 私も子供時代に「笑われるからやめなさい」と言われた事があった。子供を持ったら、同じ叱り方はしないなあ、と想像で思っていたけれど、その意図を補完された気がした。 また、行動ではなく、それに至る考え方に興味がある?ことに同感した。それ故に、私は行動する前に頭の中で考えるだけで満足して行動しない事が多いのだけれど、最近は行動して失敗しながら、考え方を修正する事の方が、長い時間で見れば近道である気がする。2020/12/19

のせなーだ

1
日記はパス。ぱらぱら吹き出し。エッセイだけ面白く読んだ。「自分と異なる価値観の存在を認めることが真の知性」「謹慎がわかりにくいから不謹慎はもっとわかりにくい」「ネットの威を借る狐」「小説の感想を書いているつもりであらすじしか書かない人多数」2020/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16040682

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。