集英社文庫<br> 琥珀の夢 小説 鳥井信治郎 上

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
琥珀の夢 小説 鳥井信治郎 上

  • 著者名:伊集院静【著】
  • 価格 ¥814(本体¥740)
  • 集英社(2020/07発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087441215

ファイル: /

内容説明

明治12年、大阪船場、薬問屋が並ぶ道修町に近い釣鐘町で一人の男児が産声を上げた。両替商、鳥井忠兵衛の次男信治郎、後に日本初の国産ウイスキーを作り、今や日本を代表する企業サントリーの創業者の誕生であった。丁稚奉公先の小西儀助商店では薬以外にウイスキーも輸入して扱っていたが、儀助は国産の葡萄酒造りを考えていた。信治郎は夜毎、儀助と葡萄酒造りに励んだ――。

目次

序章
第一章 鳥井家の次男坊
第二章 丁稚奉公
第三章 ハイカラ修行

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Aya Murakami

94
ナツイチ2020 マッサンとリタでもちょろっと出てきたサントリーの話。 丁稚の話は現在の労働環境にも通じる話であり妙に私の過去の苦い記憶とリンクします。作中にあるとおり本当に怖いのは使用者にいじめられることではなく先輩丁稚にいじめられることなのです。いつの世も人間は変わらないようですが理由は何なのでしょう?使用者よりも労働者同士のほうがイジワルな関係になってしまうのは?2020/10/02

さち@毎日に感謝♪

24
名前は知っていたのですが、初読み作家さんです。国産の葡萄酒を造る事を夢見ていた信治郎が、新しい商いを始めようと一生懸命な姿に応援したくなりました。下巻も楽しみです。2020/06/30

ぬぬ

13
私達が当たり前に飲んでいる、ビールやウイスキーやワイン。「おいしい」と思えるその前にはただならぬ挑戦と挫折、異文化に対する理解を深め広めるだけでなく、相手に自国への理解をさせてしまう努力の強者が現れた。鳥井信治郎、後のサントリーの創業者である。彼が鳥井家の次男に生まれ、薬種門屋へ丁稚奉公に行かなければ、今頃風呂上がりの一杯、会社の飲み会にオンライン飲み会etc…はなかったかもしれない…。これは琥珀の夢を追った創業者の鳥井信治郎がサントリーを「やってみなはれ」の精神で世界的企業にまで成長させた物語である。2020/08/28

スプリント

9
丁稚奉公時代の話が面白い。 唐突に奉公先が変わってしまい戸惑いますが下巻でそのあたり補足されるのでしょうか。 苦味のあるお酒は日本酒にも焼酎にもないので葡萄酒が薬として扱われていたことも納得できますね。2020/08/03

博多のマコちん

7
3年近く前に単行本で出た時にサントリーの創業者の出世伝ということで、いずれ読んでみようと思っていた作品。作者の筆は、主人公鳥居信治郎の幼少と丁稚時代についてエピソードや将来につながる逸話の部分は細かく描くも、主人公の成長にドップリ浸かって教訓を垂れたり、あたら褒めそやして持ち上げたりすることもなく、全体に淡々と語られている。このような評伝小説に見られがちな主人公の太鼓持ち的な雰囲気が無いのが良い。一人で始めた鳥居商店がどのようにして寿屋へ、そしてサントリーへ進んでいくのだろうか?(楽しみな下巻へと続く)。2020/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15983820

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす