医師が認知症予防のためにやっていること。

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

医師が認知症予防のためにやっていること。

  • 著者名:遠藤英俊【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 日経BP(2020/06発売)
  • シルバーウィークの4連休 Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍キャンペーン(~9/22)
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

認知症研究35年の専門医が自ら実践する予防習慣

認知症なんてまだ先の話、と思うかもしれません。
ですが、40代、50代からやっておくとよいことがあります。
もちろん、60代、70代でもできることがたくさんあります!

認知症は、誰でもなる可能性がある、やっかいなもの。
しかし近年、進んだ研究により、
何をすれば認知症を予防できるのかが分かってきました。

本書では、長年認知症専門医として活躍してきた著者が
最新の研究をわかりやすく解説するとともに
自らも実践している「効果的で楽しく続けられる」認知症予防習慣を紹介します。

<こんな活動が、認知症予防に!>
・カレーを週2、3回食べる
・ペットを飼うなら元気な犬
・目指す体型は少し太め
・高血圧の薬はちゃんと飲む
・料理教室に通う
・最強の予防習慣は「ダンス」と「ゴルフ」 …など

日々認知症予防につながる生活を続けていけば、
アタマも体も健康なまま天寿をまっとうすることも可能です。
「まだ先の話」と油断するのは禁物。
将来の健康な生活のために、自分に合った予防習慣を
ぜひ取り入れてみてください。

第1章 認知症の専門医が自分のためにやっている認知症予防
第2章 認知症はどこまで予防できるか?
第3章 高血圧と糖尿病はどちらが高リスク?
第4章 認知症を防ぐために「増やしたい食品」「減らしたい食品」
第5章 認知症予防の効果が「より高い」運動はどれ?
第6章 「つながり」が認知症を防ぐ
第7章 Q&Aで学ぶ 認知症予防

目次

はじめに 認知症にならず、天寿を全うするには 
第1章 認知症の専門医が自分のためにやっている認知症予防
・「定年退職で認知症」を防ぐには?
・認知症を引き起こす「9つのリスク」ほか
第2章 認知症はどこまで予防できるか?
・認知症予防は子ども時代から?
・校長先生は認知症になりやすい?
・単なるもの忘れと認知症予備軍の見分け方 ほか
第3章 高血圧と糖尿病はどちらが高リスク?
・認知症と「持病」の関係
・見過ごされがちな「難聴」のリスク ほか
第4章 認知症を防ぐために「増やしたい食品」「減らしたい食品」
・カレーこそが最強の認知症予防食だ!
・柑橘類をよく食べる人は認知症になりにくい? ほか
第5章 認知症予防の効果が「より高い」運動はどれ?
・どんな運動が認知症予防になる?
・最強の認知症予防は「ダンス」と「ゴルフ」
第6章 「つながり」が認知症を防ぐ
・“孤独な男性”は認知症リスクが高い?
・カラオケ、麻雀、昔話… 仲間とコミュニケーション ほか
第7章 Q&Aで学ぶ 認知症予防
Q いわゆる「脳トレ」には、認知症予防の効果があるのでしょうか?
Q 人づきあいが下手なので、老後が心配です ほか