アウトプットする力-「話す」「書く」「発信する」が劇的に成長する85の方法

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

アウトプットする力-「話す」「書く」「発信する」が劇的に成長する85の方法

  • 著者名:齋藤孝
  • 価格 ¥1,287(本体¥1,170)
  • ダイヤモンド社(2020/06発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784478108086

ファイル: /

内容説明

アウトプットは        ■「質より勇気」でとにかく発言しよう
練りに練った1本より     ■「無茶ぶり」は素直に引き受けてみよう
「数」で勝負!        ■アウトプットを前提にインプットしよう

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さぜん

38
斎藤先生の書籍は本当に読みやすく前向きになれる。「アウトプットを前提にインプットすると必要に迫られて確実なインプットができる」割合はアウトプット9でインプット1。でも普通の主婦でアウトプットの場所ってないんだよなあ。読書メーターに感想を書くことが唯一のアウトプット。斎藤先生はそれでもOKと言う。今年は攻めの姿勢でアウトプットを心がけよう。違った世界が見えてくることを期待して。2021/01/08

ココロココ

15
新刊チェックで、面白そうだったので購入。アウトプット前提のインプットを行なう。インプットとアウトプットの比率は1:9くらいで。書く時は、ストップウォッチで時間を計る。初めは15秒で、最終的には1分でアウトプットできるようにする。朝礼の一言当番の時、3分にまとまらなくて四苦八苦した思い出がある。朝礼が復活した時には3分で話せるように、練習してみよう。2020/06/07

ミズッチ

5
インプット1、アウトプット9の割合を推奨されている。確かにインプットする時にはどのような形でアウトプットするのかを意識するか、しないかで受け取り方がかなり変わると思う。2021/07/24

どらやき

3
齋藤さんの本は分かりやすい、そして本の紹介もちらほらあるので読んでみたくなる。メモ必須。 インプットとアウトプットは1:9で、失敗間違いを恐れずどんどん発信したり行動していきたい。 読書感想文の書き方について昔教えてもらえたらもっと楽しくかけたのかも…!2021/05/01

(っ ॑꒳ ॑c)

3
インプットよりアウトプットの量を多めにすることが大切。誰かに話したりするとより記憶に残りやすい。これはカズレーザーさんもやっていると聞いたことがあります。メモの魔力という本が話題になりましたが、メモはやはり大切です。偉人もメモを多くとっていたことがわかりました。雑談の時にオチや結論を求めないことも重要です。私自身あまり雑談が得意ではなく、その理由がまさにオチや結論を考えるのが大変だということであったからだと気づきました。この本は実際に明治大学の学生に実践されていることが多いため、とても参考になりました。2021/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15916663

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。