文春e-book<br> コーポレート・トランスフォーメーション 日本の会社をつくり変える

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

文春e-book
コーポレート・トランスフォーメーション 日本の会社をつくり変える

  • 著者名:冨山和彦【著】
  • 価格 ¥1,500(本体¥1,364)
  • 文藝春秋(2020/06発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

ベストセラー『コロナショック・サバイバル 日本企業復興計画』続編!

史上最悪のコロナ恐慌、日本企業が生き残るための唯一の方法とは?
ポストコロナ時代、会社のあり方は、働き方は、生き方は、こう変わる!

・GAFAに負けた日本型企業モデルは、コロナショックで終焉へ向かう
・デジタル・トランスフォーメーション(DX)と日本型組織の相性が悪い理由
・終身雇用制は限界に。10年に1度の中高年リストラは、コロナ後に加速
・電機、自動車に続き、銀行、メディア業界も破壊的イノベーションの嵐に
・DX成功の鍵は「戦略」ではなく「組織能力」
・資金源となる既存事業で手を抜くな
・コーポレート・トランスフォーメーション(CX)こそがDXへの解
・日本のGDP7割、雇用8割を占めるローカル産業のDX化に活路あり。方法論のすべて。
・ビジネスパーソン全員に問われる「あなたの業(わざ)とは何ですか?」

前作『コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画』は、コロナ禍の中いち早く緊急出版。
NewsPicks、週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド等、各誌に取り上げられ、経営者やビジネスパーソンに注目された。
今作では、さらに踏み込んだ「ポストコロナ」に日本の会社がどう変わるのか?を描く。
日本で働くすべての人に注目してほしい、いまの時代を生き抜くための虎の巻。