扶桑社BOOKS<br> みんなのアマビエ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

扶桑社BOOKS
みんなのアマビエ

  • 著者名:扶桑社
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 扶桑社(2020/05発売)
  • 夏はすぐそこ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/20)
  • ポイント 250pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784594085131

ファイル: /

内容説明

疫病退散!SNSで拡散中の妖怪アマビエ作品集

新型コロナウイルス禍の日本で、140年の時を経てよみがえり、SNSを中心に拡散されている妖怪アマビエ。
江戸時代、弘化3年(1846年)の摺り物によれば、長髪にくちばし、体にウロコ、3本足のようなヒレをもつ異形の妖怪が肥後(熊本)の海に出現し、こう言ったと記されています。
「私は海中に住むアマビエと申すもの。
今年から6年間は諸国で豊作が続くが、病も流行する。
早々に私の姿を写して人々に見せよ」
今、漫画家をはじめ様々なアーティストやクリエイターたちが「アマビエ」をモチーフに作品をつくり、SNSなどで発表しています。
疫病退散の祈りをこめて投稿された作品を一同に集めた本を緊急出版。
水木しげる、西原理恵子、おかざき真里、松田洋子、永野のりこ、寺田克也、田中圭一、なかはら・ももた、8名の漫画家をはじめ、イラストや彫刻、陶芸、ガラス、織物、あみぐるみまで、ツイッター「#みんなのアマビエ」のタグで投稿されたものなど、総勢87名の作品を収録しています。
時を経てSNSで拡散されるアマビエと、人々の祈りを、一冊に記録しました。
本書の売り上げの一部を、新型コロナウイルス対策基金に寄付いたします。


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。