ちくま新書<br> 考え続ける力

個数:1
紙書籍版価格 ¥836
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ちくま新書
考え続ける力

  • 著者名:石川善樹【著】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • 筑摩書房(2020/05発売)
  • あじさいの季節!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/7)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

前著『問い続ける力』は、「考える」ためには「問う」ことが不可欠だという一冊だったが、この本ではいよいよ「考える」ことそのものを追求していく。まずは著者自身が目標とする「創造性のスタイル」を明らかにする。さらに、安宅和人、濱口秀司、大嶋光昭、小泉英明、篠田真貴子との対談を通して、「考え続ける賢人」たちの頭の中を見せてもらう。知的刺激に満ちた「思考シリーズ」新書の第2弾。

目次

序章 イノベーションの技法──Think Different
第二章 考えるとは何か? 安宅和人×石川善樹
第三章 バイアスを壊せば、イノベーションは一発で生まれる 濱口秀司×石川善樹
第四章 出口の思考力? 大嶋光昭×石川善樹
第五章 基礎研究、社会実装、倫理 小泉英明× 石川善樹
第六章 人生は私に何をしてほしい? 篠田真貴子×石川善樹
人工知能の創造性を考える──長いあとがき