ガガガ文庫<br> 育ちざかりの教え子がやけにエモい

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy

ガガガ文庫
育ちざかりの教え子がやけにエモい

  • ISBN:9784094518436

ファイル: /

内容説明

「ねね、お兄って童貞?」「ノーコメント」。

椿屋ひなた、14歳。

新米教師の俺、小野寺達也が預かる生徒であり、昔からのお隣さんだ。

とびぬけて発育がよく、容姿にも恵まれた彼女は、何かとウワサの種になりがちで――。


「あいつ絶対ヤってるっしょ」「もう大人じゃんアレ」「小学校の時に三股かけてたって」
「ていうかヤらせてほしい」「ラブホに入るところ見たよ」「キレーだね。正直やばいね」
「なんか特別だからあの子って。身構えちゃうよ誰だって」


だけど本当の彼女は、見た目よりずっと幼かったりする。


「ねえねえお兄。だっこして、だっこ」
「しません。お前ももういい歳なんだから」
「えーなんでー!? 昔みたいにだっこしてよぅ。ねえねえ、だっこだっこ-!」


――大人と子どもの間で揺らぐ、この瞬間にしかない輝き。
――ひとあし先に大人になってしまった者にとって、それは直視しがたいほどの目映さで。


「ていうかお兄って童貞?」
「やめなさい中学生がそういう質問するの」


いつか遠いどこかへ羽ばたいていくこいつを、せめて今だけは支えてやれるように。
今日も俺は、椿屋ひなたと向き合っている。


“育ち盛りすぎる中学生”とおくる、エモ×尊みラブコメ!

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

93
書き込みすぎない、行間を読ませるタイプの文章で、かなり読みやすい。展開が派手でないのにドラマチックな感じがするのは、確かにタイトルどおり「エモい」。ヒロイン・椿屋ひなたを魅力的に描写する意図はわかるし、言動や態度で情動を揺さぶるタイプの作品なのもわかる。惜しいのは私にとって、ひなたが好ましく感じられる女の子じゃないんだなー。性的なことをやたら聞いてくるのも苦手(それを特定の人物にしかやらないにしても)。良くできた作品なのに、ノレない感覚は久しぶり。ラブコメってヒロインが好きになれるかどうかが大きいね。2020/05/01

よっち

53
二年目教師の小野寺達也が預かる生徒・椿屋ひなたは生まれる前から知っている昔からのお隣さん。とびぬけて発育がよく容姿にも恵まれ、生徒も教師も注目せずにはいられない彼女との関係が描かれるラブコメ。何かと噂のタネになりがちで、時折大人びた表情を見せるものの、見た目よりずっと幼い彼女の素顔を知る達也。だからこそ彼女に対して保護者然とした態度を取るわけですが、テンポ良く進む展開の中で起こる事象が様々な視点から語られ、明言されずともおそらくそうなんだろうな…と思わせる描写が上手いですね。中学生とはいえども侮れません。2020/05/06

芳樹

49
大人びた外見の椿屋ひなた14歳と、彼女が「お兄」と慕う隣に住む担任教師・小野寺達也24歳の交流を描く本作。会話のテンポ感とか鈴木先生らしく、読んでいて心地よい。ひなたの早熟な身体と年齢相応の心のありようのギャップがとても可愛らしい。中学2年生という子供と大人の中間にある同級生たちとのやり取りに青春を感じます。新シリーズということですが、お話しの行く末が良い意味で見えないので、今後の展開を色々と想像してしまうな。DSマイル氏のイラストもピッタリで本作の魅力をさらに高めています。次巻も楽しみです。2020/04/28

まっさん

46
★★★★☆ 個人的にここ最近のラブコメ物の中ではずば抜けて良かったと思える今作。果たして今作をラブコメ物と呼べるのかどうかは分からないが、バランスよく配置された登場人物の関係性に加え、主人公とヒロインのやり取りが良い意味ですらすらと頭に入ってくるところも好感が持てた。ただ、個人的にもう少し主人公とヒロインの日常パートを読んでみたかったなという気持ちもある。終わり方的に続きが出るかは分からないが、出来ることなら彼らのこれからをもう少し読んでみたいと思う。2020/05/03

かんけー

43
読了♪実年齢よりも?大人びたJC 椿屋ひなた(^.^)ご近所さんのお兄?小野寺達也はこの発育の良いw妹分に手を焼いていた(^_^;)ま、女子で身長172cmも有ればちょっとしたモデル級のイメージだと思う。年齢差10歳も在るのに?トークバトルでは敵わない達也だった(^_^;)ああ言えばこう言う?この世代、特に女子トークは散弾銃なマシンガントークと成るもwソコにウィットなユーモアを織り交ぜ、達也とひなたの会話が一人よがりに成らずニンマリとw同級生との関わりも教師としての立場云々も巧くサラリと描写し、その時→2020/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15540386

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。