ガガガ文庫<br> プロペラオペラ 2

個数:1
紙書籍版価格 ¥803
  • Kinoppy
  • Reader

ガガガ文庫
プロペラオペラ 2

  • ISBN:9784094518344

ファイル: /

内容説明

美少女艦長+天才参謀、死の淵へダイブ!!

極東の島国・日之雄。その皇家第一王女・銀髪の美少女イザヤは18歳。
同い年で幼なじみのクロトは、10歳の時にイザヤにとんでもない“狼藉”をはたらき皇籍剥奪された曰く付き。
しかしふたりは今、タッグを組んで飛行戦艦「飛廉」を駆る国民的人気の艦隊司令官&超切れ者天才参謀である。互いを意識しているくせに素直になれないイザヤとクロト。イザヤと人気を二分する巨乳艦長リオ。彼女たちのためならいくつでも命を捨てたいファンもとい乗組員たち。その乗組員たちを我が手足として支配するために不謹慎で不埒な策略をこっそりと練るのが策略の天才クロト。
ということで、何も起こらないはずがない南の島のビーチでの休日……の後は、敵国リングランド艦隊との決戦が待っている!!
ファン待望の犬村小六真骨頂「空戦ファンタジー戦記」、スケール&面白さアップの堂々第二幕!!

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

75
1巻も本が厚めだったけど、2巻はさらに厚くなってる。とはいえ読みだしたら一気だった。飛空士シリーズのときから思っていたけど、犬村氏の日常場面でのコメディーセンスは独特なものがありますね。平常時は楽しげなだけに戦闘シーンの緊迫感がグッと上がる。今回もメカデザインが載っているのが効果的で、戦闘が脳内でビジュアライズされて読めた。衝角攻撃が熱い。迫真の描写で楽しんで読めた。イザヤとクロトの関係を見守るような気持ちになる場面もあって、その意味でも良かった。最後に巨大戦艦での新生活を示唆して終わったので、次に期待。2020/03/24

よっち

42
南の島のビーチでイザヤとリオのためなら命を捨てたいファンもとい乗組員たちを我が手足として支配するため、不埒な策略をこっそり練るクロト。そんな彼らが敵国リングランド艦隊との決戦に挑む第二弾。最初の乗組員たちと挑む彼女たちの水着撮影エピソードには笑いましたけど、強敵相手に状況が見えず出世と保身にしか目を向かない上層部に妨害されながらも、何とか状況を覆そうと奮闘する彼らの葛藤が熱いですね。二人が抱える想いに萌える展開だからこそ余計に今後が怖い(苦笑)なぜかNY生活を満喫しているスパイ・ユーリの活躍も楽しみです。2020/03/18

まるぼろ

34
マニラ沖海空戦で辛くも勝利したクロト達だったが、連合艦隊は攻略したフィルフィンを更に南下、メリー半島侵攻を計画している陸軍の要請で上陸船団の護衛任務とリングランド極東艦隊への警戒にあたるが…と言うお話です。馬場原司令長官を除いて主だった上層部が旧日本軍の悪しき伝統だった所を連想させて滅入ってくる部分もありましたが、それでもあくまで命令遵守を主張するイザヤと連合艦隊全滅を避けるためにも独断を主張するクロトの対立もありながらも奮戦する第二空雷艦隊の活躍は手に汗握るものがありました。→2020/04/06

星野流人

31
空を飛ぶ艦隊を用いた戦争を描く、恋と空戦の物語。ビーチでの一休みやガメリアへ送り込まれるスパイのユーリとのほのぼのエピソードを挟みつつ、やはり見どころは命がけの空戦パートでしょう。保身のことしか頭にない上官たちによって前線から追いやられるイザヤたちと、あれこれ理屈をこねくり回して戦場へと向かっていく「飛廉」。国を守るために命がけで戦場へと向かう兵士たちの姿は、雄々しく感動的に映りました。クロトとイザヤの恋物語としても話が少しずつ進んでいて、果たしてこれは悲恋なのか報われる恋なのか……先が気になるふたりです2021/05/05

かっぱ

24
太平洋戦争をモチーフにした空戦ラブストーリー2弾。前巻よりも戦艦の描写が堪能で男の子のツボが刺激される内容だ。前半での気の抜けるようなコミカルな日常と後半の手に汗握る空戦のギャップもグイグイ作品世界へとのめり込ませてくれる。これはフィクションであってフィクションでない。僕らが辿った路をなぞりながら語られる物語に胸が痛くなることもあれど、この先の光景を見たくて堪らない自分もいる。イザヤとクロトは勿論のこと、ガメリアのスパイとして派遣されたユーリもとても良いキャラをしていて今後の掘り下げに期待が高まる一方だ2020/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15328408

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。