コミックエッセイ<br> 私の穴がうまらない

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,155
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

コミックエッセイ
私の穴がうまらない

  • 著者名:おぐらなおみ【著者】
  • 価格 ¥1,155(本体¥1,050)
  • KADOKAWA(2020/02発売)
  • 寒さに負けるな!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~1/17)
  • ポイント 250pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

心と体にぽっかりとあいた、満たされない「穴」はどうすればいいの?
それぞれの“レス”をほろ苦く描く、フィクションコミックエッセイ!

フリー編集者のハルヒは、夫・マサルと中学生の娘・アラタの3人暮らし。気づけば夫とは何年も“レス”状態が続いており、虚しさを抱えていた。

ハルヒの職場である編集プロダクションでの修羅場中、同僚のミヤコがぽつりとつぶやく。
「人間の三大欲求、食欲・睡眠欲・性欲のうち、食事と睡眠グッズはいろいろ試せるのに、どうして性欲だけは“手持ちの駒=夫”だけで満足しなきゃいけないの?」と。
実は、ハルヒだけではなく、ミヤコ、そして編プロ経営者のヒカリも、パートナーとの触れ合いに行き詰まっていて…。

現代の夫婦の在り方をじわりと問うリアルな展開に読者騒然!
レス夫婦の行きつく先は、離婚か、それとも…?

1章  レスの悩みって誰に話したらいいんですか?
2章  あの人から受けるこんな仕打ちをオットは知らない
3章  こんなイヤな気分になるのは俺だけでたくさんだ
4章  「できない」? 「したくない」じゃなくて?
5章  お互いの体も心も一致するって奇跡みたいなものかもしれない
6章  夫の中で私はまだ生きているんでしょうか
7章  父親と母親みたいな夫婦に自分たちはなりたくない
8章  まだ間に合うの? もう手遅れなの?
9章  あの人と離れたら私は幸せになれるの?
10章  ママ、私を生んでよかった? パパと結婚してよかった?
最終章  心にぽっかりあいた穴を満たしてくれたものは