女子の選択

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

女子の選択

  • 著者名:橘木俊詔【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 東洋経済新報社(2020/01発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

女女格差は、単に学歴や所得だけでは測れない

ワセジョと慶應ガール、就職先はどう違う?
総合職と準総合職と一般職と専門職、働き方はどう違う?
四大卒と高卒・短大卒、どちらが幸せ?

既婚女性が働けば働くほど幸福度が下がるのはなぜ?
夫がどのような人だと幸福度が上がる?
難関大学の女子学生に「あえて一般職希望」が増えているのはなぜ?
女性医師の離職率が高いのはなぜ?
女性活躍が進まないのはなぜ?

格差研究の第一人者が「高学歴女性の学歴・結婚・キャリア」を中心に「幸福度」を加味して徹底分析!
大学選びの参考にしたい高校生と親御さん、高校の進路指導の先生、就職活動で「民間企業と公務員」「総合職と一般職」を迷っている大学生、キャリア形成を考えているビジネスパーソンにお薦めです。

目次

はじめに
第1章 今後の日本は女性の活躍が握っている
第2章 既婚女性の労働は幸福か
第3章 総合職・一般職・専門職は何が違うのか
第4章 超高学歴、高学歴、低学歴は何が違うのか
第5章 大学別に見た女子大生の教育・キャリア
題6章 高学歴女性はなぜ苦悩するのか
おわりに
参考文献