集英社文庫<br> ファミリーデイズ

個数:1
紙書籍版価格 ¥594
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
ファミリーデイズ

  • 著者名:瀬尾まいこ【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 集英社(2019/12発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087440379

ファイル: /

内容説明

中学校教師として多忙な生活を送っていた著者。けれど40歳を目前に、想定外の妊娠発覚! 母となり、やんちゃな娘の育児に奮闘する毎日が幕を開け──。「乳児 太もも 太すぎ」とインターネットで悩みを検索し続けた日々。どんなときも至ってのん気でマイペースな夫。教職時代に生徒たちが教えてくれた、子育てにとって一番大切なこと……。“明日”がもっと楽しみになる、ほのぼの家族エッセイ。

目次

我が家のメンバー
虹が出たなら
人生の岐路
最強の占い師
女子力発揮
メモリアルデイ
朝の定番
主婦の心得
読めそうで読めない明日に未来
究極の共同生活
対面は突然に
Tomorrow will be more beautiful
眠れ、よい子たち
赤ちゃんはみんなのそっくりさん
押し寄せるイベントたち
今日も大いに拍手
春、戻る
すぐそこには、無数の手
バイバイ、おっぱい
不思議なお気に入り
やんちゃ娘、世にはばかる
おしゃれの道は遠い
芸術の夏、到来
怒濤の注射ラッシュ
アイドル登場
その手は何を指すのだろう
新しい世界へようこそ
バイバイはいつしか拍手に
保護者一年生
ちびっこ黒猫、登場
赤ちゃんと子どものボーダーライン
最後にやっぱりもう一度
最初に覚えた名前は
必殺 おなかポーン!
お手伝いは控えめに
パラダイスからの逃亡
名残は今でもあちこちに
ちびっこ先生、活躍の秋
望まない祝福客
明日はいつもすばらしい
文庫版あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さてさて

174
『娘との生活が始まってから、明日が二つやってくるようになった気がする。自分の明日と、自分のよりもたくさんの可能性と未来に満ちた娘の明日』とおっしゃる瀬尾まいこさんの日常を垣間見ることのできるこの作品。まるで”瀬尾まいこ”という人物を主人公にした小説のようにも感じられる瀬尾さんの小説の筆致そのままに展開されるこの作品。そこには、瀬尾さんのあの作品、この作品のあんな表現、こんな表現の原点のような新鮮な驚きに満ちた世界がありました。物語を優しく紡ぎあげるいつもの瀬尾さんの眼差しを垣間見ることのできた作品でした。2021/10/26

のぶ

92
瀬尾さんが中学の先生を退職し、結婚した以降の日々を綴ったエッセイ集。序盤は旦那さんからプロポーズを受けた経緯。旦那さんの性格がとてもおっとりしていることが書かれていた。そして瀬尾さんはかつて子宮の手術を受けていて、子供は諦めていたところに思わず授かった命。本書の大半は出産から子育てについての毎日に割かれていた。子供に対しては親バカとも思える描写も多いが、生命の誕生から幼い命が育っていく過程は、読んでいて感動も覚えた。全体としてはほのぼのとしていて楽しいものだった。2019/11/26

90
家族のエピソードを交えたエッセイ。出産前の入院での出会いから娘さん出産時の手術の話、娘さんの成長過程の流れが凄く良いなぁと思いました。たまに旦那さんの態度に突っ込みたくなるような時もありましたが旦那さんも良い人のようで素敵な家族だと思います。あっという間に子供は成長するのだなぁ。大きくなって娘さんがこの本を読まれる時のリアクションが見てみたいです。2019/11/15

佐島楓

76
エッセイと知らずに手に取ったが、瀬尾さんはポジティブな方だなと思った。やはり旦那さんを始めとするご家族の協力があってこその子育て。旦那さんのおおらかさと娘さんの元気さが伝わってきて、この先いろいろなことがあってもきっと大丈夫という気持ちにさせてくれる。2019/10/21

toma225

44
昨年11月半ばに出産しました。その前日に病院で読んでいたのがこのほのぼの子育てエッセイ。子どもが生まれたら読書どころではないと聞いていたけれど、確かに2か月間、本を手に取ること自体を忘れていました。でもあれですね、久しぶりに頁をめくると、なんとも言えず静かな時間が訪れますね。私にとっての「ファミリーデイズ」も賑やかなものになりそうですが、これからは本をすぐ手の届くところに置いて、娘が寝た隙に少しずつでも読み進めようと思います。2020/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14531403

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。