エルマガmook<br> 西日本のうつわと食をめぐる手仕事旅行

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,078
  • Kinoppy

エルマガmook
西日本のうつわと食をめぐる手仕事旅行

  • ISBN:9784874355145

ファイル: /

内容説明

身の回りのものにストーリーがあれば、日々がぐっとふくよかになる。岡山・倉敷、鳥取、島根、篠山、信楽・伊賀、今回掲載の5エリアには、風土を生かした焼きものや染織、木工といった手仕事が多く残っています。また、それを世の中に紹介すべくものづくりの現場へ足繁く通う、優れた“配り手”たちがいます。彼らの智恵と経験をお借りして、手仕事の現場はもちろんのこと、郷土の味や好きな場所までをご紹介するのがこの『手仕事旅行』。記憶に残る、新しい週末旅行をこの本がお手伝いします。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐々陽太朗(K.Tsubota)

83
岡山・倉敷、鳥取、島根、篠山、信楽・伊賀とそれぞれにサイクリングコースを頭の中で練りながら読み進めると楽しい。例えば岡山。 岡山駅まで輪行。駅から後楽園方面へ向かい旭川を遡る。→田園に佇む雑貨店「ANTONYM」でアンティーク→南へ下り「麒麟食堂」でチキンライスの昼食→「くらしのギャラリー本店」で仁科聡氏セレクトのうつわ。→早島町「石川硝子工藝舎」→倉敷「旅館くらしき」に投宿。→翌朝「倉敷堤窯」見学→昼食「名代とんかつ かっぱ」とんかつ。→大原美術館→倉敷意匠アチブランチで伝統工芸品→倉敷駅から輪行2017/01/28

ぐりぐら

13
マハさんのリーチ先生を読んで以前買ったものがあった事を思い出して読み返しました。 リーチ先生 西日本各地に足跡を残されていることに関心。2019/09/07

3
まだ後遺症が残っており眼の病気は治らない。器は前に読んだことがあり、非常に関心を持った。岡山の倉敷にはモダンで優雅なカフェはサウダーヂな夜を楽しめる隠れた飲み屋が多いとこの本を読んで思った。鳥取は福光焼などが有名らしく、またひとつ勉強になった。個性的なランチも多く、山海の味を堪能できるのも鳥取の魅力だろう。2017/07/02

Shohei Miura

0
旅館だけ見直す2017/12/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11211421

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。