イノセントマン――ビリー・ジョエル100時間インタヴューズ

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,808
  • Kinoppy
  • Reader

イノセントマン――ビリー・ジョエル100時間インタヴューズ


ファイル: /

内容説明

【内容紹介】
ピアノマン、オネスティ、素顔のままで、ストレンジャー、ニューヨークの想い、ほかヒット曲に隠された壮絶人生をロングインタヴューで初公開

数々のヒット曲を世界に送り出しアメリカンドリームを体現したビリー・ジョエルの華やかな人生の裏にはナチスのユダヤ人迫害でガス室送りになった親族、本人の自殺未遂、相次ぐ自動車事故、3度の離婚や恋人との破局、アルコール依存症、鬱病、エルトン・ジョンとの確執など、いくつもの黒歴史があった。いまその真相が本書で初めて明らかになる――。

【著者紹介】
[著]フレッド・シュルアーズ
音楽専門誌『ローリングストーン』のライターとして、フリートウッドマック、ブルース・スプリングスティーン、ジャック・ニコルソン、シェリル・クロウ、マシュー・マコノヒー、トム・ペティ&ザ・ハートブレーカーズ、クリス・ロックなど、さまざまなミュージシャン、俳優の評伝を手がけている。ほかにも『プレミア』、『エンターテインメント・ウィークリー』、『メンズ・ジャーナル』、『GQ』、『ロサンゼルス・タイムズ』、『コロンビア・ジャーナリズム・レビュー』などにも寄稿多数。

[訳]斎藤栄一郎
翻訳家・ライター。山梨県生まれ。早稲田大学社会科学部卒。主な訳書に『イーロンマスク 未来を創る男』『ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える』(講談社)『センスメイキング』『小売再生』『TIME TALENT ENERGY』(小社刊)がある。著書に『ITオンチ部長の「エクセル入門」』(小社刊)などがある。

【目次抜粋】
プロローグ 夏、ハイランドフォールズにて
Ⅰ ビリーの原点 さすらいのビリー・ザ・キッド
Ⅱ ブレイクスルーの時代 待てば海路の日和ありと言うけれど
Ⅲ 代償 のるか、そるか
Ⅳ 時代のレジェンドとして ビリー流人生の閉じ方
出典について
謝辞