ソノラマ+コミックス<br> 竜侍(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

ソノラマ+コミックス
竜侍(1)

  • 著者名:忠見周【著者】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 朝日新聞出版(2019/08発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784022142474

ファイル: /

内容説明

江戸の闇夜に現れて、街にはびこる悪を斬る──。名前も知られぬその侍は、なんと竜! 人々に巻き起こる事件の数々を、知ってか知らずか斬り捨てていく竜侍の爽快アクション活劇。いまだかつてない、爬虫類系サムライフィクション登場!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しましまこ

20
表紙買い。町にはびこる悪を斬って斬ってお団子食べて…(笑)2019/08/26

へへろ~本舗

5
竜というより大トカゲ?意思疎通…できてるのか??2019/09/04

十二月の雀

3
達人は多くを語らない。というか、一切喋らない。つか意思疎通できてる?? 実際カメレオンめいている流浪の剣客、誰が呼んだか「紅蓮の竜」。いやもう竜。行く先々でおだんご食べながら人々の問題を解決していく様は愉快痛快。何故剣を振るう?何故服を着てる?何故人を悪事から救う?そんなことどうでもいいじゃないか江戸に刀一本差した爬虫類が居たって些細なことよ気にすんない。江戸の街角にふらりとドラゴン。次は何処にて悪を斬る。ワザマエ!2019/08/24

らいう

1
一緒にお団子食べてお昼寝したい2019/10/02

サテヒデオ@ダイナミックひとり

1
‪沈黙は金。たまに吼えるが、基本的に無口。そしてべらぼうに強い。人類の範疇をゆうに凌駕している。おまけに変身を残している。で、団子好き。二つ名より他に明らかなこと何一つなく、ただそこに在る。団子を食う。彼はただ在る。他者が惑う。翻弄される。本作は、人の語る貴種流離譚だ。‬2019/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14134224

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす