ウィングス・ノヴェル<br> 弾丸のデラシネ(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader

ウィングス・ノヴェル
弾丸のデラシネ(1)

  • ISBN:9784403542145

ファイル: /

内容説明

エリオットは人の強い思念を『声』として聞くことができる。12歳のある日、エリオットは人でごった返す空港で爆弾魔らしき男の「殺す」という『声』を聞いた。そのとき初対面の彼の能力を信じ、犯行を未然に食い止めてくれたのが、琥珀――のちにエリオットが珊瑚と名乗って加入することになる「宝飾店」のリーダーだった。熱帯の無法都市・燭銀街で護衛業を営む琥珀・翡翠・珊瑚の運命的な出会いと、彼らが遭遇する事件を描く人気コミック「熱帯デラシネ宝飾店」前日譚小説登場!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

でんか

18
ふつうなかんじ。「デラシネ宝飾店」原作者の手によるスピンオフ作品。コミックスは途中まで既読。時系列的には本編の前、宝飾店の三人組のおはなし。登場人物ひとりに一話な形式。1巻目は珊瑚と翡翠の過去。アクションだったりミステリだったり成分はたんまりあり。しかし、心の声がちょっとだけ聴こえる珊瑚の能力によって、容易に読み手をミスリードさせるられるなあと思って読んだ。なのである意味ビミョーな能力と言えないでもないような??キャラクターは相変わらず魅力的だし、お話もテンポよく惹きこまれる面白さ。もう少し続くようです。2019/11/23

きょん

11
「デラシネ宝飾店」前日譚。珊瑚くんの能力と加入の経過のわかる前半と翡翠の生い立ちが垣間見える後半。続くみたいなので次は琥珀さんの過去かな?2019/08/08

紅羽

7
「熱帯デラシネ宝飾店」の前日譚。人の心を「声」として聞く能力を持ったエリオットが、あるテロ事件をきっかけに琥珀と珊瑚という理解者を得て、様々な事件に挑んでいく事になるのですが、この巻はやや謎解きミステリの色合いが強い印象。エリオットのどんなピンチに陥っても前向きな姿勢も好感触です。2019/07/28

うさぎや

4
「熱帯デラシネ宝飾店」の前日譚。珊瑚と翡翠のバックボーンが垣間見えて興味深い。しかし琥珀はまだ謎だらけ……次巻収録のエピソードで何かわかったりするんだろうか。2019/07/13

ひーたろー

2
漫画は未読。というか真咲のキャラが好みでなくて挫折。でも、宝飾店の3人は好みだったのでもう一度手を出してみようかな。2019/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13939042

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす