メゾン文庫<br> ひとり飲みの女神様 2杯目

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader

メゾン文庫
ひとり飲みの女神様 2杯目

  • ISBN:9784758091879

ファイル: /

内容説明

秋本番。お酒大好きOL月子が出かけたのは、東京・青梅の蔵開き。『純米生原酒しぼりたて』に『純米大吟醸』、三百年ものの杉で作った木桶で寝かせた日本酒に、梅酒や竹酒……。ずらりとそろう銘柄を前に“日本酒帝王”月子はどこまで飲み干せるか!? さらに、昔は日本酒が大の苦手だった月子が、一瞬にしてその価値観を変えるきっかけになった幻の“花薫る日本酒”も登場。飲み女子必読の大人気ごほうび晩酌小説、待望の第2巻(おかわり)登場!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スズ

50
酒蔵の蔵開きや日本酒バー、周りを気にしなく良い気楽な家飲み等、呑兵衛女子3人が様々なお酒の楽しみ方を見せてくれる呑兵衛物語第2巻。これを飲めば酒を買いに行きたい欲求に駆られ、この本を肴にお酒も楽しめそうな酒飲みにはたまらない作品です。居酒屋やバーでのお酒も楽しいですが、家で自分で新しい肴作りやお酒のブレンドに誰にも迷惑をかけずに挑戦出来る家飲みも魅力的で、それぞれ違ったお酒の楽しみ方があって良いですね。私はあまり日本酒は飲みませんが、今回は日本酒のオンパレードだったので、今度色々と挑戦してみたくなりました2019/07/13

はる

38
今回は日本酒三昧です。蔵開きに家呑みに試飲大会。ずっと思ってたけど、これだけ呑んでて二日酔いの頻度が少ないよね。流石。どれもこれも美味しそうな日本酒ばかり。飲めなくても呑んでてみたくなるから不思議。2020/08/04

nobugとミミ&モモ(元保護猫・双子姉妹)

31
シリーズ第二弾。今度は女性二人と男性一人が主人公。一人は川本月子。月子の同僚の北山鷹介。鷹介の妹で「ひとり飲みの女神様」のブログ管理人の北山星菜。この三人が織りなすお酒飲み。私は普段は日本酒はほとんど飲まないが、この本を読むと日本酒を飲みたくなる。小説に登場するお店は、すべてモデルがあるとのこと。機会があればお店を訪問したい。2019/08/11

えみちゃん

30
シリーズ第2弾です。前回タイトルに惹かれ偶然手に取った本でしたが、今回もまったくのノーマーク。偶然本屋さんで見つけさっそくゲット!(笑)さて、今回出合うお店とお酒は・・。秋本番ということで「蔵開き」に星菜(せな)とふたりで訪れた月子さん。蔵内を順に巡って新酒を飲んでいくんですが・・。今回も飲んだことのないお酒がいっぱいでものすごく気になります。(笑)当然、お酒ばかりではなく出てくるお料理もどれもおいしそうで私も彼女たちといっしょに飲みたいな。(笑)私も若い頃はよく飲みに行きましたがいつも誰かと一緒だった2019/08/06

ドナルド@灯れ松明の火

28
2作目は日本酒メイン。日本酒の良さをアピールするその書きっぷりに日本酒愛が溢れている。今日本酒はすごくおいしくなってきている。その流れをうまくとらえた作品だった。お薦め2020/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13910047

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす