集英社オレンジ文庫<br> リーリエ国騎士団とシンデレラの弓音

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

集英社オレンジ文庫
リーリエ国騎士団とシンデレラの弓音

  • 著者名:瑚池ことり【著】/六七質【イラストレーター】
  • 価格 ¥627(本体¥570)
  • 特価 ¥501(本体¥456)
  • 集英社(2019/06発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784086802543

ファイル: /

内容説明

騎士が隊を組み、互いの兜につけられた命石を砕いて勝敗を競う――<戦争>にかわり<戦闘競技会>が、国々の命運を決するようになり三百年。優秀な騎士を輩出する村に生まれながら、周りの少女たちのように剣を扱えないニナは、「出来そこない」と揶揄されてきた。だが、ニナが出場した地方協議会を見たというリヒトに弓の才能を見出され、騎士団へ勧誘されて…!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Aya Murakami

101
オレンジ文庫5周年フェア シンデレラ…というより主人公をスカウトしたリヒトの英雄たちの選択的なストーリーかな?強敵を倒すための奇策のために主人公ニナをスカウトした模様。 主人公の兄ロルフの性格が好きになれない。自分のおごった心を持て余す結果、周りを傷つけているように見えてならない。2020/08/02

佐島楓

59
オレンジ文庫では珍しい中世ファンタジー。主人公・ニナの天然を超えた鈍感っぷりが可愛い。タイトルでネタバレしていますが、戦闘や日常の描写は真に迫っており、面白かったです。2019/05/27

よっち

49
兜にある命石を砕いて勝敗を競う戦闘競技会が国々の命運を決する世界。優秀な騎士を輩出する村で弓しか扱えず周囲にバカにされてきた少女・ニナを、地方競技会を見たという騎士リヒトが騎士団へ勧誘するファンタジー。優秀な兄の片目を事故で失わせてしまい、自身も非力で自信喪失気味なニナの弓に希望を見出したリヒト。勧誘先がまさかの国家騎士団で最初は怯えて逃げ出しそうになりながらも、自分を認めてくれた大切な人たちのため「赤い猛禽」に立ち向かう構図はとても分かりやすいですが、最後まで期待にしっかり応えてくれた素敵な物語でした。2019/05/18

すがはら

43
出だしは落ちこぼれだった主人公が特異な才能を見出だされ…という王道スポコン物。騎士団で王女の話題が出てリヒトが生い立ちをチラリと語る頃にはこの後の恋模様もリヒトと王女の関係性もニナと兄とのスレ違いも読者にはほぼ丸分かり状態に。後はニナの空回りっプリやリヒトの分かりやすいような分かりにくいような口説き発言に苦笑したりニヤニヤしたりしながら楽しく読了。読み終わっての感想は、やっぱり王道はいいねでした。2019/08/21

るぴん

41
母本。戦争を廃し、国家間の揉め事は騎士達の戦闘競技会の勝敗で決める世界。身体が小さいため短弓しか使えないが、抜群の命中率を誇るニナの成長物語。最初はとにかくオドオドとしたニナにモヤモヤしたし、ヒーローであるリヒトのチャラさも気になってあまり入り込めなかった。リヒトが何故あんなにニナにベタ惚れなのかも疑問だったし。だけど騎士として、1人で赤い猛禽に立ち向かっていくニナは格好良く、これは確かにタイトル通りシンデレラだな〜と納得。ガラスの靴や綺麗なドレスもないけれど、自らの居場所を求めて戦うシンデレラも素敵。2020/09/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13745614

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。