三国志 四 臣道の巻

個数:1
  • Kinoppy

三国志 四 臣道の巻


ファイル: /

内容説明

吉川英治の代表作。中国後漢の頃。三国志演義を元に日本人向けに書き直され、その後の三国志ブームの礎となる作品。劉備玄徳、関羽、張飛、曹操などが活躍。百年の治乱興亡に展開する壮大な物語。四巻は曹操は帝を軽んじて自ら朝廷になろうと企てる。玄徳は曹操と対決するが、圧倒的な兵力差があった。敗れた関羽は曹操の臣下に降ってしまう。※読みやすくするため現代の言葉に近づけていますが、作品の性質上、そのままの表現を使用している場合があります。