世界を獲るノート アスリートのインテリジェンス

個数:1
紙書籍版価格
¥1,760
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

世界を獲るノート アスリートのインテリジェンス

  • 著者名:島沢優子
  • 価格 ¥1,584(本体¥1,440)
  • カンゼン(2019/05発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784862554987

ファイル: /

内容説明

卓球日本代表・早田ひな
バスケットボール女子日本代表ヘッドコーチ・恩塚亨、収録!

伊藤美誠、朝比奈沙羅、早田ひな……
世界を目指す選手と指導者は何を書き、何を考えているのか

成功者が明かす、ノートの内容。
『書く、話す、伝える』と賢さ(インテリジェンス)、パフォーマンスの相関関係に迫る。
言語化する力、指導者の真の役割。目からウロコな「主体性」養成術

【ノート分析】脳科学者・篠原菊紀氏が徹底解説


【著者からのメッセージ】

ノートは主体性の萌芽

世界に手をかけるアスリートたちを貫く一本の串。
それは「主体性」だった。

「自分から考える、動く」というマインドセットを、伊藤美誠選手、早田ひな選手、朝比奈沙羅選手といった
トップアスリートは持ち合わせている。彼女たちが書くノートは、主体性の萌芽になっている。
国際舞台に選手を送り出す指導者の視点も、同様だ。

日本ゴルフの育成に大きな成長戦略を与えたガレス・ジョーンズさんや、ラグビーの育成を担う中竹竜二さん、
日本の女子バスケットをリードしていくであろう恩塚亨さんなどなど。本書に登場する全員が、
根性論で追い込む旧来の手法とは180度異なる指導法で成功している。

彼ら成功者の共通項である、主体性。
それがなぜ必要なのかを、脳科学の観点から篠原菊紀さんに、スポーツ心理学では荒木香織さんに話を聞かせてもらった。
「自分からやったほうがいいに決まっている。でも、やらないときはどうするの?」
学校でも、企業でも、家庭でも、そんな声を聞く。

そのヒントが、彼らが導き出した「主体性の処方箋」にちりばめられている。


目次

プロローグ 森保監督の白いメモ、オシムさんの言葉

第1章 世界を獲るノート

伊藤美誠(卓球)
コーチと書いた79冊
脳的ノート力 感情省いて考える 外在化→言語化→発見

朝比奈沙羅(柔道)
前向きになれる「野望ノート」 脳的ノート力 落ち込んだら、前よりも「上」を向け

早田ひな(卓球)
脳内スピードを高めるノート
脳的ノート 書いてスキルアップ 記憶整理と定着に効く

ガレス・ジョーンズ(ゴルフ)
インテリジェンスは自立
脳的ノート力 アスリートの自立が脳科学的に正解なワケ

中竹竜二(ラグビー)
フレーミングで進化する
脳的ノート 帰属意識を高めるオフの振り返り

恩塚 亨
映像駆使した「レビュー」で進化
脳的ノート 「現在」も「未来」もメタ認知する

畑喜美夫(サッカー)
主体性育むボトムアップ
脳的ノート 成長できるかどうか 上達論的視点で考える

海野祐生(アスレチックトレーナー)
未来をつくる「ケガノート」
松商学園高等学校(野球) 最古の部活ノート(番外編)


■第2章 指導者から見た「インテリジェンス」
柏井正樹(テニス) イメージを共有する力

前原正浩(卓球) 何かを生み出すのは知性

池上正(サッカー) リスペクトアザース

増地克之(柔道) 成長し続ける力

荒井直樹(野球) 100通のラブレター

■第3章 脳とメンタル
荒木香織(スポーツ心理学) 「書く」効能

篠原菊紀(脳科学) 成功者の共通性

エピローグ ノートは主体性の萌芽